グレアとアンチグレア

皆さんはスマートフォンやタブレットの保護フィルムにはどのようなものをお使いだろうか。

保護フィルムは大きく分けて2種類ある。グレアフィルムとアンチグレアフィルムである。
グレアフィルムは透明感が強く、液晶本来の発色を妨げない。そのため綺麗に見える。しかし指紋が付きやすい、光が映り込むといった欠点がある。
滑りにくいとも言われることがあるが、最近のものは進歩しているのか、少なくとも私は滑りにくいとは感じない。

アンチグレアフィルムは指紋が付かず、映り込みがない。しかし確実に見にくくなってしまう。ぼんやりと滲んだ感じになるのだ。

私は、スマートフォンにはグレアフィルムを、タブレットにはアンチグレアフィルムを使っている。
スマートフォンは、使われているフォントの大きさはタブレットとそう変わらないのだが、画面が小さいせいか、アンチグレアフィルムによって見にくくなるとストレスを感じる。それにせっかくのRetinaディスプレイが台無しである。

一方タブレットは、頻繁にゲームをするので指紋が付きにくく、指の滑りが良い方が都合が良い。グレアフィルムだと画面上の疑似十字キーやボタン周辺が手の脂で非常に汚れるし、指の滑りは操作性に直結する。
また文字を大きくしても情報量がそれほど減らないので、文字が見えにくくストレスを感じずに済ませることができる。
動画も大きく表示されるのでさほど見にくくはならない。

まあ、単なる好みの問題なんだけどね。

広告

iPadで文章を書く(その2)

エントリ「iPadで文章を書く」の続き。
誰かの役に立つとは思いにくい、単なる独り言みたいな内容だが。

このところずっとiPhone、iPadで文章を書くためのアプリを探し続けていて、ようやく求めるものに巡り合えたかもしれない。

これ。

PlainText 2 – Dropbox text editing 無料
icon

機能は、テキストをデバイスにローカルで、あるいはDropboxやiCloudに保存したり、既にあるプレーンなテキストファイルを開いて編集する。これだけである。
しかし私が求めているのもこれだけのことなのである。

1389359188

画面はこのように実にシンプル。ツールバーもドットやコンマなど、別に普通にキーボードから入力してもそれほど不便じゃないと思えるものが並んでいるだけだが、まだ開発者が移行したばかりのようなので今後に期待。
あとフォントがいまいち。これも今後に期待だな……

ちなみに無料だが、初期状態では下に広告が表示される。今は¥0で広告が除去できる(設定から)が、これは期間限定らしい。ゆくゆくは有料になるのだろう。

ちなみにDropboxと連携する際には、「アプリ」フォルダ内に作られる「PlainText 2」フォルダにだけアクセスするか、それともDropbox全体のテキストファイルにアクセスできるようにするか選べる。私はPCでも頻繁にアクセスしてテキストを編集するので、後者の方が管理しやすく、有り難い。ただそうすると、オフラインで多数のファイルを更新してからオンラインで同期する際に、ちょっと時間がかかる。

現状でも充分使えるし、今後にも期待して良さそうな良アプリではないか。

営業の電話

以前、エントリ「FAXDM」で、FAXによるダイレクトメールがいかに迷惑かを書いたが、今日は電話の話。

これもまた非常に迷惑である。仕事を中断させられ、時間を取られる。

これまで私は、一応趣旨は聞いてから、
「そういったことは全て本社で一括して行っておりますので、事業所には権限がありませんから、私にお話いただいてもどうにもなりません」
などと答えていたのだが、最近はそれすらも面倒になり、相手の話などほとんど聞かずに、

「責任者より、電話での営業はすべてお断りするようにと言われています。優れたサービスは電話による営業など必要としませんから」

などと答えている。

この「電話での営業は断るように指示されているんです」という対応が世の中のスタンダードにならないものだろうか。
これを読んだ方だけでも、ぜひともこのように答えることによって迷惑な業者を減らすのに協力していただきたいと思う次第。

Facebookクライアントは何がいい?

皆さんはスマートフォンやタブレットで、Facebookクライアントは何を使っているだろうか。

公式アプリはニュースフィードが時系列で上手く並ばず、PCのブラウザで見るときと全然違うのが不満だった。今ではその問題は改善されたのかな? が、いずれにしろ一画面に表示される投稿数が少なすぎるのも好みでなく、早々に別のアプリを探し始めていた。

いくつか試したあと(と言ってもFacebookクライアントはTwitterクライアントほど数がないが)、Ace for Facebookというアプリに辿りついた。

ここでAce for Facebook へのリンクを貼ろうと思ったのだが、検索しても出て来ない!
削除されちゃったのかな?

まあ、コメントの表示などうまくできずに怪しい部分がかなりあったし、最近はそもそも起動してもニュースフィードが表示されずに真っ白だったりもしたので、そろそろ見切りをつける時期なのかもしれない。
せっかく有料版を購入したというのに……

ということで次は何を使おうか迷っていたりするのである。何がいいのかな?

iPadで文章を書く

「文書を作る」のではなく、「文章を書く」であることに注意。つまりこのエントリは、ワードプロセッサではなくテキストエディタについて書いている。

iPhone、iPadで文章を書くのに、私はずっとBywordというアプリを愛用してきた。

Byword  ¥500
icon

人によっては「これで500円の価値があるか?」と感じる方もいるかもしれないが、ユニバーサルアプリ(iPhone/iPad/iPod Touchのどれでも使用できる)なので、複数のデバイスでの使用を想定している方であれば、それほど高価というわけでもないのでは。

このアプリは今のようにフラットデザインが流行る前から、シンプルでフラットなデザインを採用しており、それが実に美しいのである。
機能としては、DropboxやiCloud、ローカルに保存したテキストファイルを開いて編集するというごく単純なことだけで、同時に複数のファイルを開いて切り替えることさえできないのだが、私はそれで充分だった。
しかし、iOS7にしてから、カーソルが思うように移動できずにストレスを感じる。そこでやむなく別のアプリを探すことにした。

まず試したのはこれ。

Easy Writer + ¥100
icon

これはiPad専用アプリ。なのでiPhoneでは使えない。私は今やiPhoneではツイートするくらいなので、それでも一向にOK。iPhoneではQuick Drafts という、メモやSNS投稿、Dropboxへの保存など何でもできるアプリがあるので、それで充分。

機能としては、Rapid memoryというタブ?が3つ用意されており、それぞれに文書ファイルを開いて、ワンタップで切り替えて編集できるのがユニーク。
もちろんDropboxとの連携も問題ないし、編集する際に表示されるツールバーも便利なアイコンが並んでいる。メールやツイート、Open inもできる。
ただやはりRapid memoryは独特なので、決して不便とかいうわけではないが、何か馴染みにくい……

そこでもう一つ試してみた。

iテキスト 無料
icon

無料なのと、日本製のアプリというところもポイントである。
が、入力画面にカーソルを移動するキーがないので私としては問題外であった。Bluetoothキーボードを使って入力することの多い方なら問題ないだろうが、私はソファや座椅子に半分寝そべって使うことも多いので、ソフトウェアキーボードでの入力の快適さも重要なのである。
このアプリは、たぶんきちんとした文章、小説や記事を書く方には便利なのだろうが、実のところ私はそこまで立派な文章でなく、メモに毛の生えた程度のものしか書かないので、無料版であっても必要のない機能が多い。

とりあえずはEasy Writer +を使い、BywordがiOS7対応してくれるのを待ちつつ、別のアプリを探していくしかないかな……