利用者さんの物を無駄遣いするな

介助行為を行うにあたっては、利用者さんが費用を負担している物品を使用することがある。
例えば特定施設では、オムツ代は利用者負担として構わないこととされている。

これは、大げさに言えば、資産を委託されていることである。無駄遣いすることは許されない。それはお預かりしているお金を勝手に使うことと大差ない。

しかしこうした意識を持っている介護職員は少ない。うちの施設では、一人もいないかもしれない。

一例。
オムツ交換の際に、側臥位にすると尿が出てしまい、シーツが濡れてしまうことがある方。そのため、交換時には体の下に新品のパッドを敷いて、備えている職員がいるらしい。

これは必要な用途だろうか?
私の感覚では無駄遣いである。オムツ交換の前に腹圧をかけておくとか、側臥位にした際に清拭布等を股間に挟むとか、方法はいくらでもありそうなものだ。

このようなパッドの使い方は、自分たちがかけるべき手間を、金銭的負担として利用者さんに押しつけることに他ならないのではないか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中