感染は職員が媒介する

昨日少し触れたが、うちの施設で感染性胃腸炎が疑われる症状が2、3出ている。

そのため感染の拡大を予防するための対策が取られ、次亜塩素酸ナトリウムを使った手すりなどの清掃とか、そういったことが看護師によって指示された。
仕事してるなあ、うちの看護師。それに反してケアマネは全然仕事をしてないよ(私のことだ)。

もちろん、そうした感染対策も必要ではある。実際、症状が出ているのに部屋でじっとしていられず、あちこち歩き回ってしまう認知症の方もおり、職員は皆苦労しているのだが、まあ結局一番感染を広げるのは他ならぬ職員だろう。
以前の職場で同じように感染が広がった時、施設長医師が「手洗いができていない職員から感染していくね」と言っていたという話は以前にも書いたかな? うちの施設でも同じことが言えそうではある。

職員が手洗いを完璧に行えていれば、ノロウィルスなどの感染もそれほど広がることはないんじゃないのかな。
まあ、見事に鼻風邪をひいて、グスグス言っている私が言えたことではないのだが。私のこの風邪はどこでもらってきたんだろう? うちの施設ではなさそうだけど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中