非常識

介護の仕事が一人前にできない人は、どんな仕事に転職しても同じだ。一人前の仕事などできはしない。
これは私の10年に及ぶ経験則である。

こう言うと、介護なんて誰でもできると言っているかのように思われるかもしれないが、必ずしもそうでは……いや、そういうことなのか、結局は。
一般常識をわきまえてさえいれば、たとえ優秀な介護職員とまではいかなくとも、少なくとも一人前とみなされるようにはなる。

では逆に、介護職として優秀な者が他の仕事に転職したら?
こちらの例はあまり多くを知らないのだが、皆、新しい職場でも評価を受けているようである。

そもそも介護職員には、社会人として必要なことが欠如した、非常識な人間が多い。
以下、はっきり言えば「介護業界にはびこる非常識人あるある」である。

・空欄だらけの履歴書を送ってくる。職務経歴書などもちろんなし。
ハローワークで何を教わってきたのか? 本当に仕事を探そうという気はあるのか?

・無断欠勤を重ねたあげく、連絡が取れなくなる。
携帯に電話しても出ず、折り返しもせず、中には携帯の番号を変える者さえいる。「退職します」とひとこと言えば済むことなのに。

・お客さんに対して言って良いことと悪いことの区別がつかない。
プライベートな話、職員の噂話などを平気でする。

・義務は果たさないが権利は主張する。
職務規定も守れないくせに、有給休暇の取得は労働者の当然の権利だと主張するとか。

・報告がない。
遅刻しても自己申告しないなど。

介護の仕事では、家族を養っていくだけの収入は得られない。それは厳然たる事実。
しかし介護で一人前の仕事ができていない者では、仕事を変えても、今以上の収入はまず無理だろう。そもそも介護業界の中でも、例えばケアマネを取得するなど、それなりに収入を増やす手段はあるのに、それすらできない者が、他の仕事で成功するわけがない。

転職したはいいがうまくいかず、やがてはアルバイトに身をやつし、消息を聞かなくなる。
私はそんな例を何度か見聞きしてきた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中