WindowsとiOS

私はずっとWindowsPCのユーザである。
以前は我が家に初代iMacがあったのだが、そこからMac一辺倒とはならなかった。理由は、Macは何と言っても高価であること、ハードウェアのトラブルに自分で対処できないこと(WindowsならPCの自作が当たり前なのでパーツの換装やら何やらが簡単にできる)の2点のみ。つまり、お金に余裕があるのなら、Macにするに越したことはないと。

今のケータイとタブレットはiOSデバイスである。iPodの頃から特に問題なくWindowsで使っているが、近頃はますますWindowsとiOSの連携がスムーズに行えるようになっているようだ。
最近驚いたのが、久しぶりにInternet Explorerを立ち上げてみたら、ブックマークがPCのFirefox、そしてiOSのSafariと完全に同期されていたことだ。FirefoxとSafari間のブックマークの同期は自分でそのように設定したのだが、何故そこにIEまで加わっているのか、全く身に覚えがない。まあ便利なので悪いことではないが……

PCでのブラウザにFirefoxを頑なに選び続けているのは、アドオンやGreasemonkeyスクリプトで手放せないものがある(とくにYouTubeを閲覧した時に自動的にダウンロードリンクを表示してくれるもの)ためで、まあ今ではCromeでも同じことができるのだが、敢えて新しいものに挑もうという気にはなれなかったりする。
iPhoneとiPadではSleipnirというブラウザを主に使っている。が、これはweb閲覧というよりは、いつも見るサイトでRSSフィードがなく、RSSリーダアプリ(私はFeedlyを使用)に登録できないものをタブ保存しておき、定期的なチェックをするのに便利だからである。

連絡先(アドレス帳)や予定表、メモは、かれこれ7年くらいMicrosoftのOutlookで管理しているので、それをiPhoneやiPadでも共有している。これはiTunesで簡単に設定できる。ただ、なぜかWi-Fi経由での同期がうまく動かず、ケーブルでPCに直接接続しないと同期されなくなっているのが残念ではある。
カレンダーやメモは普通にiCloud同期させた方が絶対に快適だと思うのだが、Outlookで蓄積されたデータを今さら捨て去るのも悲しいので躊躇っている。

また、文書はDropboxを使うことで、WindowsでもiOSデバイスでも問題なく共有できる。ただ、文字コードに気を付ける必要はあるが。

ということで、Windowsの方でもiPhoneやiPadを使うのに問題はないものの、やっぱりMicrosoftに多くを頼っているとなかなかねー、という話。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中