入居者さんと電話

うちの施設では、当たり前と言えば当たり前なのだが、入居者さんが携帯電話を持つことは自由であり、実際に何人かの方がお持ちになった。
お部屋に電話回線を引くことも絶対にダメというわけではないかもしれないが、どうしても固定電話でなければというご希望も、このご時世なさそうではある。

携帯電話をお持ちでない方が電話をかけたいとご希望された場合、事務室前に公衆電話があるので、それを使っていただいている。
これはプッシュ式のごくシンプルなものだが、ご高齢者、特に難聴の方にはなかなかうまく使えず、職員がお手伝いすることも多い。

「電話をかける」ことも、施設の外の社会との関わりの一部であり、大いに結構なことである。そのため、電話をかけるお手伝いをするのは、職員にとっても、本来嬉しい支援であるはずだ。

しかし実際には、喜んでお手伝いします、という心境にはなれないことが多い。その理由はただ一つ、かけられた相手が喜ぶとは限らない……というよりも、ほとんどの場合は嫌がられてしまうからである。

用件が「○○を買ってきて欲しい」というご希望であったりすると、それがたびたび面会に来られるご家族さんであれば、ついでに買って来るぐらい何でもあるまい。しかし、それが親戚の方であったり、ご友人であったり、しかもご高齢のためご自分で車の運転ができない方ともなれば、電話をもらっても困ることになる。

ご家族さんの中には、「施設の方から携帯電話にご連絡をいただくのは一向に構いませんが、本人には番号を報せないでください」とおっしゃる方もいて、当然そのご意向を無視するわけにはいかない。
まあ、その気持ちはわからないでもない、というよりも大いに共感できてしまうのだが……

そんなわけで、入居者さんが「公衆電話を貸してください」と事務室前に来られたりすると、実に微妙な心境になったりするのである。お手伝いするのが面倒だというわけではない。かけられるお相手のことも考えなければならないからだ。

かかってくる電話に関しては、我々にとっても大歓迎である。
「5分後にかけ直してください」とお願いし、ご本人さんにお電話の前に来て待機していただいたり、あるいは保留にしたままでコードレスの子機を持ってお部屋までダッシュして話していただいたりしている。

が、残念ながら、そういう機会は稀だったりするのである……

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中