施設の手すり

施設においては、廊下や食堂などに手すりを設置するのは、当たり前だと考えられている。
介護保険施設の設備基準で手すりの設置が求められているのはもちろん、有料老人ホームの設置運営指導指針でも、

廊下の両側に手すりを連続して設けるなど、要介護者等が使用するのに適したものとすること。

とある。
「など」なので、手すりの設置は義務ではなく、代わりに安全に配慮した設備があればそれで良いのかもしれないが、指導されてしまうリスクを承知の上で、敢えて手すりを設けない度胸のある事業者は、まずいないだろう。

しかし私はこれまで、手すりを有効に使っている方を見たことがない。
その理由は、施設におけるあらゆる手すりは、利用さんの動線を完全にカバーしていないからである。手すりはどうしても、居室やトイレのドア、職員の通路などによって寸断される。
これにより、つかまるところがなくては歩けない方は、手すりを頼るのではなく、歩行器などを使っていただくことになる。

もちろん、普段は何の役にも立っていないように見えても、いざ利用者さんがふらついた時にしっかりとつかまることができれば、それで充分に効果があると言えるかもしれない。しかし私はそのような光景を見たことはないし、話にも聞いたことはない。

最も有効な使われ方は、機能訓練ではないだろうか。つかまって立ち上がりや下肢の屈伸、片足を上げるなど、筋力やバランスの維持増強を図るのである。
しかし、これらの用途に使うには、手すりは壁に密着し過ぎており、壁に向かい合って位置した時に、上半身を手すりの向こう側へと乗り出させることができない。やはり機能訓練を目的とするなら、専用の器具を用意すべきだ。

また、手すりは上からの力に対しては頑丈に作られているものの、壁から垂直方向に働く力には弱いこともある。実際、私がかつて勤めていた施設では、頻繁に手すりが壊れた。
一番の原因が、まさに機能訓練である。立ち上がりの練習の時に壁から引っ張る力が働き、それがじわじわと壁を壊していくのだ。
まあ、その施設が安普請だったというのも大きな理由ではあるかもしれない。

もちろん、手すりなど施設から撤去すべきだ、とは私も思ってはいない。無駄だよなあ、と心の中で考えているだけである。かなりの設置費用がかかっているはずだから。

と言っておいて何なのだが、今のうちの施設でも、手すりはなかなか有効に使われていたりする。

物干竿として。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中