利用者による暴力

認知症の方による職員への暴力について。

暴力は、職員の拙い対応が原因となることもあるのは確かである。だが、だからと言って「全てお前が悪い」と言われてしまうのはあまりに遣り切れない。

個人的には、殴られるのは別に構わない。大抵はある程度予測できるので備えられるし、所詮は高齢者なので力も大したことはない。そのため、怖いと感じたことは今までにないが、女性の職員であればそうも言っていられないだろうとは思う。

私が精神的な辛さを感じるのは、突然お茶の入ったコップを投げつけられたり、その方がテーブルの下に落とした物を拾おうとして身を屈めたら、頭の上から水をかけられたりすることだ。
世間一般で、侮辱的と言われるような行為により、体が汚れるなどした場合である。

後で衣類を着替えて洗濯したり、頭からシャワーを浴びる際の、あの情けない気持ち。

ただ単に汚れるのであれば何とも思わない。例えばトイレ介助の際に、利用者さんが便器に腰を下ろす前に尿が出てしまってこちらの足まで尿で濡れたとしても、全く平気である。さっさと着替えてシャワーで体を洗い、衣類は消毒後洗濯して終了だ。

この情けない気持ちは、怒りとは違う。
頭では、認知症の方には責任はないのは分かっているし、自分の対応も拙かったのだろうと思う。
辛いのは、己の姿をどうしても惨めと感じてしまうことによるのだろう。

職員は殴られたり侮辱されたりしても、どうすることもできない。治療が必要なら労災になるが、そこまで至らなければ耐えるしかない。
慰謝料がどこかからもらえるわけではないし(慰謝料をよこせと言っているのではない、念のため)、言葉は悪いが、泣き寝入りである。自分の対応が拙かったのだと反省することを強いられて。

誰に責任を負わせることもできない。
と言って、何をされても我慢しろというのでは、職員に酷だとも思う。

たぶん、事業所は、そうしたことへの対策もきちんとしていかなければならないのだろう。職員が長く働ける職場とするためには。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中