【書評】高岡望 『日本はスウェーデンになるべきか』

ABBA、The Cardigans、The Wannadies、Cloudberry Jam、Pineforest Crunch、Cinnamon、Eggstone、club8、The Trampolines、The Loch Ness Mouse、The Radio Dept.、Mando Diao、The Legends、Lacrosse、Ceasars、Miss Li、Hello Saferide……私のiTunesに入っている曲を国別に見ると、最も多いのはイギリスで、次いでアメリカ、日本と来て、4番目はスウェーデンである。

1970年代にABBAが世界的にヒットし、1990年代にもスウェディッシュ・ポップのブームが起こった。当時は日本にも盛んに紹介され、上で名前を挙げたうちの何組かは、今もBook-Offの250円コーナーの常連となっている。
スウェーデン人と日本人は音楽の好みが似ているのかもしれない。

さて、この本である。
著者はまず、スウェーデン人と日本人の類似性を示す。次いで、スウェーデン人の本質として、「自立した強い個人」「規則に基づく組織力」「透明性」「連帯」を挙げる。そしてスウェーデンの制度が、この本質にどのように支えられているのかを明らかにする。

どうしても先に読んだケンジ・ステファン・スズキ『消費税25%で世界一幸せな国 デンマークの暮らし』と比較してしまうのだが、ケンジ・ステファン・スズキが長年デンマークで暮らしているデンマーク人としての視点からデンマークの生活を描いているのに対し、この著者は外交官として数年間赴任している間の経験とデータを元に、スウェーデンという国全体を分析している。

同じ北欧の国として、デンマークとは共通点も多い。国民は全て個人番号を付与されていること、子供は手当が支給されなくなる歳(スウェーデンでは16歳)から独立し、成人後も親と同居することはほとんどないこと(子供との同居率は4%。ちなみに日本は44%)、労働組合への加入率が高く、連帯賃金政策により同一労働同一賃金が目指されていること(デンマークのように完全に実現されているのかどうか、つまり同じ仕事であれば、どの企業に勤めても同じ賃金なのかははっきりしないが)など。

デンマークと最も違うと思うのは、「透明性」だろうか。スウェーデンでは、誰でもネットで車のナンバーから持ち主を調べられるらしい。それほどに情報開示が徹底されているのだ。
また、直接この「透明性」を表しているかは定かではないが、スウェーデンの家庭は昼も夜もカーテンが開けっ放しだという。慣習なので正確な理由があるわけではないが、カーテンを閉めていると、人目を遮って悪いことをしていると思われるからではないかと言う人もいるようだ。

スウェーデン人の国民性、政策、そして歴史を概観するのには最適の書と言えそうである。問題は著者がタイトルで投げかけている「日本はスウェーデンになるべきか」という問いの答だが……著者はどちらとも述べない。その問いを日本人が考えるための一助となることのみを望んでいる。

背景がこれだけ違う以上、「日本はスウェーデンにはなれない。しかし学ぶべきことは多い」というのが、一番落ち着く着地点ではあるだろう。何を学び、採り入れることができるのか……スウェーデンは確かに参考にすべき国の一つであり、今後の日本のあり方を考えるためには絶対に知っておく必要がある。
社会保障だけでなく、経済などに関心のある方にも、広く勧めたい一冊である。

(評価:★★★☆☆)


Amazonで一般書籍を買う
AmazonでKindle版(電子書籍)を買う
iTunes StoreでiBooks版(電子書籍)を買う

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中