地区のお茶会

地区の公民館で行われている、高齢者の方々のお茶会にお邪魔してきた。

今年度の初め、運営推進会議に地域住民代表として出席していただいている、福祉推進委員の方より依頼を受けた。その時には、ギターを持ってきて、皆で一緒に歌って欲しいとのことだった。
しかし先日には、「体操でもやってくれれば……」と。どうも私が、「歌は自信ないです……」と言い続けたことに、気を遣ってくれたようだ。

そこで、椅子に座ったままでできる体操を、以前に勤めていたデイサービスで行っていたものを中心にまとめてみた。言うまでもなく私は体操に関しては何の資格も持ってはいないのだが、専門家が一般の方向けに作成したメニューを紹介するだけなら問題はあるまい。

しかし2日前にした打ち合わせでは、「皆さんは椅子ではなく、畳の上に座りますので……」とのこと。考えてみれば公民館なのだから当たり前ではある。しかしそのため、畳の上でできる体操を紹介せねばならなくなった。

そこで探したのがこれだ。群馬県の国保連(国民健康保険団体連合会)が普及を図っている、「さわやかのびのび体操」である。
http://gunmakokuho.or.jp/health/gymnastics/gymnastics1/
http://gunmakokuho.or.jp/health/gymnastics/gymnastics2/

これに加え、立って椅子の背などにつかまって行うことができる骨粗鬆症予防の運動と、転倒予防のための筋力トレーニングをご紹介。さらには、私が以前勤めていたデイサービスの作業療法士が行っていた、素足で小石を掴む運動にも触れてみた。

そして残りの時間は、ギターを弾きつつ、参加者と一緒に歌をうたったのだった……

さすがに施設の入居者さんたちと比べれば、皆さん歌がお上手である。私が人一倍大きな声を出して、外れた音程やリズムを修正する必要など全くなかった。

そして皆さんと一緒にお茶をいただき、帰ってきた。
楽しんでもらえただろうか。それが今でも心配なのだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中