認知症の人たちの村(続続)

エントリ「認知症の人たちの村」「認知症の人たちの村(続)」の続き。

私がTwitterでフォローしている、とある訪問診療クリニック(認知症初期集中支援チームのモデル事業を行っている)の先生がHogeweyへ視察に赴かれたとのことで、現地よりツイートされていた。

これまでになかった情報として、総費用は月60万円ほどであるという。「保険からまかなわれる」とのことだが、自己負担分はどのくらいなのだろうか。
いずれにしろ総費用がそれだけかかるとなると、日本ではやはり困難だろう。介護保険の区分支給限度額の倍くらいにはなってしまう。その上で同程度のことをやるとなると、自己負担分が30万円くらいにはなりそうだ。
逆に言えば、それだけ支払える方を対象にすれば実現可能ということでもあるだろうが……

それにしても、やはり認知症ケアの理念などには学ぶべきところが多そうだ。
(関連エントリ:認知症の人たちの村 /認知症の人たちの村(続)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中