有効期間と目標期間

エントリ「目標期間の設定」で、老企第29号で「期間の設定においては「認定の有効期間」も考慮するものとする。」とあることについて書いたが。

介護保険施設や特定施設、グループホームでは、認定が更新され、そこでたとえ介護度が変わったからと言って、普段の生活で変化することは何もない(要支援になるなど、継続利用が不可能となる場合は別として)。だから有効期間に縛られる意味はあまりないのでは……そう思っていた。

しかし考えてみれば、目標の期間を有効期間に合わせておくことは、うっかり更新申請を忘れてしまい、認定が切れてしまうことを防ぐ意味もあるのだ。
実のところ、今日、プランの更新作業をしていて、「あれ? この方そろそろ認定期間切れるけど、認定調査来たっけ?」と思い、慌てて確認したことがあった。結果としてはちゃんと更新手続きをしてあったのだが、もしもしていなかったら、大変なことになるところだった。

自分で勝手に決め付けてしまうことは良くないな、と改めて思った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中