夜勤中の休憩

まず始めに。
私は労務管理に疎い。介護保険施設で事務主任をしていたことはあるが、全て業務を委託していた会計事務所に頼りきりで、何か疑問が生じるとその都度尋ねて答をもらっていたため、基本が一切身についていないのである。

ということを前提にしたうえで、介護施設における夜勤の休憩について考えてみる。
まず、労働基準法にはこうある。

第三十四条  使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
2  前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の 過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
3  使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

夜勤は、勤務時間が15時間以上となる施設もあれば、1回8時間程度の準夜勤としているところもあるだろう。いずれにしろ、休憩は8時間を超える場合においては少なくとも1時間と定められているのみだ。
そして、休憩とは労働者が自由に使えるものでなければならない。すなわち、時刻を定めて行うことになっている業務がないとしても、入居者さんからのコールがあった際にはそれに応じなければならない時間は、休憩とは認められない。

夜勤職員が複数勤務していれば、休憩は交代で取ればいいだけの話である。しかし規模の小さな施設やグループホームなどで、夜勤者が1名しかいないこともあるだろう。
そして、夜間の人員配置基準は常時1人以上とされている。唯一の職員が休憩を取っている時間は、「常時1人以上」を満たさなくなると考えられるので、つまりは遅番職員がまだ勤めている時間内、もしくは早番職員が出勤してきた後に、それらの職員と交代して休憩に入る時間を確保するしかないわけだ。そして、一人になる時間は全て勤務時間とする。

例えば遅番が20時まで、早番が6時からの施設だとすると、少なくともその間の10時間は休憩なし。これはあまりにハードである。
そこで、休憩時間とは別に、コールがあった時には対応しなければならないが、それ以外は好きなことをしていて良い仮休憩的な時間を設けるとしたらどうなるのだろう? 「常時1人以上」を満たさなくなってしまうのだろうか?

というようなことを、昨晩の夜勤中に考えたのだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中