夏祭り2013

今年も、うちの施設の夏祭りが近づいてきた。

今年で5回目になる。一昨年の3回目までは、回を重ねるごとに、順調に規模の大きな、楽しいものになってきていたと思う。それが昨年、後退してしまった感がある。今年は果たしてどうなるのか。

開催することが職員の義務になり、「利用者さんに楽しんでもらいたい」という原点がどこかへ行ってしまったのではないか。代わりに、なるべく大変な思いをせずに、無難に体裁を整えようという気持ちが見え隠れする。

少なくともこの業界についての私の常識では、利用者さんに楽しんでもらおうと思ったら、職員が何もしないというのは考えられない。
うちの会社は予算に関しては比較的寛容なので、そこに甘えてしまって、職員が頑張って出し物の一つでも披露しようというところに考えが至らないのではないかと思う。

もちろん、体裁を整えるのも重要である。しかしそのあたりは、そういうことが好きなうちの管理者にでも任せればよい。とにかくうちの職員は、他の職員に仕事を振るのが下手だ。何でも自分でやろうとしてしまう。

そういえば一時期、うちの施設でも職員の出し物が定着しかけたことがあった。楽器演奏や紙芝居を経て、今度は寸劇を、という話になったこともある。
しかしその時は、うちの施設の中核をなす職員ばかりが集まっていたために、管理者が良い顔をしなかった。もっと新人たちが大きく関わっていけるようにすべき、というわけだ。
その考え方は正しい。しかしそれは、職員のそうした活動が既に定着している施設ならばの話だ。定着どころか一度もまともにやったことがないのに、さらなるステップを望んでも仕方ないではないか。私は、とにかく一度、出し物を考えて披露する楽しさをうちの施設の職員たちに知って欲しかった。

入居者さんに楽しんでもらいたいという気持ちと、自分たちも楽しみたいという気持ち。
そこから改めてスタートする必要があるのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中