センサーマットによる自立支援

エントリ「『身体拘束=悪、身体拘束廃止=善』?」などで何度か書いているが、センサーマットによる見守りは、「動くとすぐ職員が飛んで来る⇒自分は常に監視されている」という心理的な拘束になりうると思っている。この考え方自体は別に目新しいものでもなんでもないだろう。
だからセンサーマットは使用すべきでない、と言いたいわけではない。全ては目的と使い方である。これも前掲のエントリで書いた時から考えは変わっていない。
また例え転倒するリスクが少なからずあっても、ご本人さんやご家族さんには、自室内ではある程度自由に行動する生活を選択していただいても良いとも思っている。どれだけ施設が転倒を防ごうと努力しても、転倒・転落の危険性を0にすることは不可能である。

さて、ここでセンサーマットを使用していない、認知症が進んで来て身辺自立の度合いが落ちてきている方を想定してみる。
転倒のリスクは低くなく、実際に転倒されたこともある。その時の状況が、例えば早朝、自分で着る服を洋服ダンスで選んでいてバランスを崩してしまったのだとすると、職員は、同じことが繰り返されないよう、先回りしてお手伝いしよう、と考える。
そうして、職員が朝早めにお部屋に伺い、起きていただいて、そこからゆっくりとご自身のペースで着るものを選んでいただき、着替えを見守ることができれば問題はない。しかし、高齢者が目を覚まされる時間にはそう大きな差はないので、職員は他の方の介助にも入らねばならず、その方だけに時間をかけているわけにはいかない。その結果、服を選ぶのは職員が行ってしまい、しかも更衣もかなりの程度を介助する、ということになってしまう。
本来できるはずのことを奪ってしまっているわけだ。

ここで、もしもセンサーマットがあったらどうだろうか。
職員は、センサーマットが反応した時のみ訪室し、ベッドから離れておられる間、時間の許す限り見守って、それ以外の時には安心して他の方の介助に入ることができる。その方は、自分で服を選び、着ることを続けられるわけだ。
こうなると、センサーマットは危険防止だけではなく、自立支援にも役立っていると言えないだろうか?

全ては目的と使い方なのではないか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中