さよならGoogle(Reader)

その昔、Googleはカッコ良かった。
Yahoo!など当時の他のサービスとは一線を画した、非常に役立つ検索エンジンとして登場。その後独自のサービスを拡大していき、Google Street View、Google Earthといった画期的なサービスには驚かされたものだ。

それが、Androidの頃から、あれ? と感じるようになった。AndroidはiOSの劣化コピーにしか見えない。使いやすさなどはともかくとしても、WindowsのModern UI(Metro)の方がまだしもオリジナリティがある。
そして誰もやっていないGoogle+。もはやGoogleは最先端ではなく、後追い企業になり下がってしまった。

今年の3月半ば、Googleの提供するフィードリーダーであるGoogle Readerが、7月1日に終了となる旨がアナウンスされた。フィードリーダーとは、Webニュースサイトやブログなどの更新を自動的に確認し、ユーザーに配信するサービスである。私も便利に使わせてもらっていたので、ショックは大きかった。

私のようなユーザーは少なくないだろうと思ったので、どこかが後を継ぐサービスを始めてくれるだろうと期待してのんびり構えていたのだが、終了まであと1か月を切り、さすがに焦ってきた。そこで、いくつかのサイトで紹介されていたアプリ(と、Firefoxのアドオン)を使ってみることにした。これだ。

Feedly (iPhone,iPad対応 無料)
icon

日本語化されていないが、さほど複雑な作業を要するわけではないので、不自由はないだろう。Googleアカウントとパスワードを入力すると、Google Readerからのインポートはあっという間に終了する。移行は実に簡単である。スター付きアイテムも「SAVED FOR LATER」としてしっかり引き継がれている。

アプリとしては、普通のフィードリーダーにFlipboard風味と今流行りのフラットデザインを取り入れただけで、さほど目新しいところはない。
が、見やすさも動作も全くストレスがないし、SNSへの投稿も(今や当たり前だが)しっかりサポートされている。これに乗り換えることに決め、iPad miniとiPhoneにインストールした。

ちなみにiPad miniの画面だとこんな感じ。

1370475601

それにしても、こうもあっさりサービスを打ち切られると、もはやGoogleへの信頼は完全に消え失せた。
他のサービスにしても、頼り切ってしまうのは実に危ういと言ってよさそうだ。Gmailも重要な用途には使わないようにしないと。

さて、Google Readerが終了となると、Flipboardの使用頻度も減りそうである。実際、iPad miniとiPhoneのIcon Dockから立ち退かされる羽目になってしまった。これはこれで不便である。FlipboardはGoogle ReaderやSNSだけでなく、主に介護関係の海外ニュースの閲覧にも使っていたのだ。

Google Readerが終了するせいで、ネットでの情報収集やコミュニケーションの手段全般を見直す羽目になってしまった。自分なりの方法が確立するまでには、もう少し時間がかかりそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中