iPad mini

iPad miniを入手した。

購入したわけではなく、いわばリースである。これだ。

日経マネーデジタル版+iPad miniセット
http://www.pcdepot.co.jp/ebooks/money.html

PCショップのPC DEPOTで行っている、雑誌の電子書籍版とタブレット端末のセット販売で、いずれか一誌とiPad mini(Wi-Fiモデル16GB)の組み合わせで1ヶ月1,000円(税別)。雑誌の数を増やしたり、端末を変更することも追加料金にて可能である。
また、契約時には事務手数料3,150円が別途必要なので要注意。

リース期間は3年間で、3年経った時点でタブレット端末を返却するか、買い取るかを選べる。ちなみに買い取る場合はiPad miniの16GBで12,600円だ。

ということは、1,000円×36ヶ月+3年後の買取料12,600円+事務手数料3,150円=51,750円で、28,800円ほどのiPad miniに雑誌の電子書籍版が付いてくる計算になる。
こう考えると、決してお得というわけでもない。しかし3年も経てば、どんなタブレット端末であっても現役を退かざるを得なくなっているだろうから、買い取るという選択肢はまず考えなくていいだろう。であれば、普通に購入するよりもリースの方がむしろ得と言えなくもないのではないか。購入で毎月1,000円のローンなどまずあるまい。
また最初に3,000円支払っておくと、2年経ったところで、端末をその時点での最新モデルにタダで替えてもらうことができる。これはなかなかお得に思える。

車で言えば、新車を購入するのではなくリースにして、3年ごとに新車に乗り換えるという形に近いだろう。

3年経った時点で返却だが、大きな傷があったり、起動できない状態だったりすると買取となる。ケースとフィルムを使って傷には気をつけるつもりだが、問題はバッテリーだ。3年経っても性能を維持していられるだろうか……

さて、Wi-Fiモデルということは、当然モバイルデータ通信の機能はないので、Wi-Fi環境下以外では通信ができないことになる。私のiPhoneは4Sなのでテザリングもできない。
が、私が一番欲しかったのは電子書籍リーダーなので、ネット接続は限定されていても良しとした。ネットのブラウズやメール等はiPhoneでやればよい。

とはいえ、単なる電子書籍リーダーであればこの価格は高い。ならばKindleの方が良いだろう。
そこはやはり、これまでに貯めてきた財産であるiPod/iPhone用にエンコードした音楽・動画ファイルをそのまま扱えること、ゲーム特にWizardryができること等も大きな購入動機になっているのである。

と、今日のエントリは介護とは全く関係のない話になってしまったが、iPadをいかに仕事で活用するかは、今後の研究課題である。


2013.06.13追記:
このエントリを書いたまさにその日、AppleがiPodとiPadの値上げを発表(円安のため)。
iPad mini 16GBも28,800円から32,600円になり、それに合わせて、このセットも1ヶ月1,000円から1,200円に値上げされました。
私はいいタイミングで買ったのかもしれませんd(^-^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中