竣工式/落成式

うちの法人の新しい事業所が完成した。
ハコとしてはこれまでで最大である。

うちの法人は竣工式や落成式をしない。これは文句を言っているのではなく、むしろありがたいと思っているのである。

建物が完成し、無事指定が下りたら、竣工式や落成式をするのが普通だろう。介護事業所の場合、地域の方、協力医療機関、それに設計事務所や建設会社、設備会社といった、施設を建てるのに関わった業者などが招かれる。

内容は、来賓の祝辞、経営者の挨拶、スタッフ紹介、食事をしながらの歓談といったところ。スタッフはもちろん招待される側ではなくする側なので、ウェイター/ウェイトレスに近い働きが求められることが多い。
私もこれまでに、お手伝いも含め何回か関わったことがある。決して楽しい時間と呼べるようなものではない。当たり前だが。

まあ、それでも施設のお披露目になるだろうし、日本人は縁起を担ぎたがるものだ。
また施設を運営していくにあたって、ぜひとも押さえておきたい人を一度招いておくには、内覧会よりもいい機会である。

地域の方やケアマネさん、そして入所希望者さん向けの内覧会は、来月早々に行われる予定。私もお手伝いに行くことになっているのだった。

さて、どんな建物ができたのか。見るのが楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中