超自我の抵抗とバイステック

私はバイステックの『ケースワークの原則』を読んだことがない。

むろん、社会福祉士や介護支援専門員の資格取得の過程で、さんざん目や耳にしてきた。だから有名な7原則くらいは知っているが、その程度である。当然それを実践できてもいないだろう。
このことを、まず最初に断わっておく。

さて。
私はこれまでの介護の仕事の経験の中で多くの方々にお会いしてきているが、その中には「この人を援助したい」とは思いにくい方々もいた。自分勝手だったり、態度が攻撃的だったり、これまでの人生で法や人の道に外れたことをしてきていたり……
そうした方に対しても、他の方々と同じように分け隔てなく援助するのは、ある意味自分を殺すことであり、そこには何らかの理由を必要とする。

人は誰しも己の価値観に従って生きている。その価値観と相容れない人の利益を図ることは、己の価値観を歪めることになる。精神分析的に言えば、超自我の抵抗を受ける。
これは、援助者も人である以上は当然の反応である。

私が真っ先に思い浮かぶ例は、かつて仕事のため某国に何度も海外出張し、その度に少女買春をしたと、非人道的なエピソードの数々を自慢げに話された方である。脳梗塞により半身麻痺となり、介護サービスを利用していた。
素の自分ならば軽蔑しか感じないような人に、敬語を使い、身体介護を行う。この仕事は何なのだろうと思った。

ここでもしも、「世の中には援助されるに値しない人もいる」と考えてしまうと、では援助されるべき人とそうでない人はどのように区別されるべきかという問題が生じる。
それを解決する最も手っ取り早い方法は、被援助者に一定の条件を課すことである。それこそ、「金さえ払ってくれればどんな人でも顧客である」でもよい。もっとも、他人からの援助を必要とする方には、経済的に困窮している人が少なくないものであり、援助が直接報酬に結びつくことのほうが少ないのだが。
あるいは逆に、「全ての人が援助を受けるに値する」と考えるか。

しかしいずれにしろ、援助者の超自我は抑圧されることとなる。援助されるべき人とそうでない人とを判断する基準は、援助者個人に委ねられるべきものではないし、それにたとえ委ねられたとしても、完璧に実行することは不可能である。一見したところ善良な人に見えても、その方がこれまでに送ってきた人生の全てを知ることはできず、単に知られていないだけで、過去には犯罪や、それに類する人の道にもとることをしてきたかもしれないからだ。

バイステックの7原則は、このジレンマから援助者を(被援助者を、ではなく)解放するためのものではなかったろうか。

つまり、被援助者のためにはケースワークとはどういうものであらねばならないかという理念から、具体的な技法が導かれているのではない。
援助者が己を守るためにはどういった態度で臨めば良いか、それを技法化しているのである。

それが私のバイステックの7原則に対する印象である。

もちろん、私は7原則の中身の妥当性を云々しているのではない。著作も読んでいないのにそんなことができるわけはない。
いい機会なので読んでみようかと思ったのだが、iTunes Storeはもちろんのこと、Amazonにも電子書籍版がなかった。いっそ日本語訳ではなく原著でもいいと思ったものの、それすらも存在しない。
さてどうしようかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中