孤独か孤高か

そういえばこのところ、うちの施設の入居者さんのことをブログに書いていないことに気がついた。

適切な医療や介護ができていないことについて、イライラすることが減ってきたのだろうか。
入居者さんたちの現在の病状や認知症状などについて、原因や対応を考えることは日々変わらずにあるので、目の前の方々に対する興味がなくなってきたということはない。と言うよりも、そうなったら終わりである。
ただ、ここで愚痴をこぼす必要がなくなってきているのかもしれない。

今日は久しぶりに、とある入居者さんのことを書く。

脳梗塞の後遺症により、軽い右麻痺と、言語障害のある方である。嚥下機能の障害はないが、食欲の問題から胃ろうを増設され、うちの施設に入られた。
少しずつ、食事やお茶の時間には食堂に出て来られるようになり、食事も摂れるようになってきていた。しかしやがて乳癌が再発、詳しい検査はしていないが転移もあるだろうとのことだ。心身の機能は低下し続けており、今ではお部屋から出てこられることもほとんどなくなった。

最も調子の良い時には、お部屋から食堂まで職員が手を引き、歩いて来られていた。言語障害があるし、もともと人付き合いが好きな方ではないらしく、他の入居者さんとのコミュニケーションはあまりなかった。食堂に来られた際に会釈されたり、ボール投げなどの簡単なゲームをされる程度である。

認知症状は、言語障害のためにはっきりしない。こちらからの問いかけに対してははっきりと意思表示されるので、日頃の意思決定は可能であるとみなされている。
ただ、オムツに手を入れてしまって手に便がべったりと付いていたり、最近ではトイレに座っていただくこともなくなってしまったが、トイレでは陰部を掻いたりしていたことも考えると、認知症はそれなりにはあるのだろう。

お部屋にこもりきりになられてしまうのは、我々としては義務を果たしていない気になるものだ。そこで食事やお茶の時間には必ず、「食堂へ行きましょう」と声をかけているが、最近では毎回首を横に振られてしまっている。
また、そのような日課以外にも「表に藤の花が咲いたから見に行きましょう」などと声をかける職員もいるが(残念ながら全員ではない)、そうしたことにも元々あまり興味を持たれる方ではない。

その方は、最初の乳癌の時にも全く痛みを訴えず、出血するまで病院に行かなかったという。もともと我慢強い方なので、今回もどの程度痛みや倦怠感を我慢されているのかわからない。そんな状況で、行きたくないと言われているのを、更に離床を勧める気にはなりにくいものである。
また、もともと人付き合いが好きではない方に、皆さんと一緒に過ごす時間を持ってもらって、孤独感を感じないようにと援助するのも、もしかすると押し付けかもしれないと思う。
そうは言っても、その方はお子さんもなく、ご主人は亡くなられている。孤独感も押し隠しているのかも知れない。

こうなるともう堂々巡りである。

もちろん、こうしたことはこの方のみに当てはまるわけではない。
それに人は、矛盾する両面を持っているものである。だから我々は、ご希望を尊重しつつ、適度に気分転換をし、傍に誰かがいるという安心感だけでも感じて欲しいと思う。

その方の担当の介護職員も、こうした考えからプランを立てているように思う。やはり現場の人間も、プランに関わるのは良いことだ。

ただ、なかなか担当としての自覚が育たない職員もいる。それはこれからの課題だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中