【書評】河野和彦 『認知症 家族を救う劇的新治療』

コウノメソッドについては、ネット上でブログなど拝見したことはあるが、本を読むのは初めてである。

主張は先だって読んだ、三好春樹さんの正反対と言えるだろう。三好さんが医学の手の届かないものとした認知症状は、薬によって改善できると言うのだから。

ただし、

万一の場合、患者さんか家族のどちらか一方しか救えなければ、介護家族を救う覚悟が必要です。私はそのために、「コウノメソッド」という家族を救う実践法を提言し、ホームページで公開すると同時に、賛同してくれるコウノメソッド実践医を募っています。

とあるように、コウノメソッドは認知症である本人よりも、家族を最優先している。これは、本人を最優先する、我々介護従事者とは立場を異にすると言わざるを得ないかもしれない。

家族を優先するというのは、認知症の中核症状の改善ないし進行を抑えることよりも、周辺症状を抑制することを第一に考えるということだというが、大抵の場合は、本人を救うことと家族を救うことは同じであろう。いったい誰が、自分が不安定な精神状態のままでいることを望むだろうか。

それを敢えてこのように断っている理由は、周辺症状が現れるのには心理的な原因があるが、それを問題にせず症状のみを抑えるのは、結局は対症療法に過ぎない。そう暗に認めているためかもしれないと思った。

コウノメソッドは介護職員も知っておくべきだ。もちろん、それに基づいた薬物療法を行うためではない。薬物療法が認知症状にどのような影響を及ぼし得るのか、改善例よりもむしろ増悪例を知っておくことが大切だと思うからである。言い換えれば、薬の怖さを。

さて、一読してみたが、私のそう多くない認知症介護の経験からは、それほど認知症状が劇的に改善されることがあるとは俄かには信じがたい、というのが第一印象である。
逆に、良くない処方によって症状が悪化していたという例については、ああなるほどと納得できてしまうのだが。

何よりも信じがたいのは、サプリメントであるフェルガードの効果だろう。
本当にそれほど劇的な効果があるのだろうか?

フェルラ酸が認知症状に良いというのは、海外でも言われており、検索してみると多数のページがヒットする。

薬というものは、効果が大きければそれだけ副作用も大きい、いわば両刃の剣であるというのが私の認識である。フェルラ酸が、絶大な効果があるが副作用はない、というのは調子の良い話に思えてしまう。

いずれにしろ、フェルラ酸つまりフェルガードには興味がある。もしも私が家族介護者であれば絶対に買って試しているが、施設の入居者さんにはお勧めしにくい。施設職員がサプリメントを勧めて良いものとは思えない。逆の効果、つまり悪くなったとしても、私には責任を負えない。

もしも。
うちの地域にコウノメソッド実践医がいたら、ぜひ見てもらいたい方が何人かいる。つまり、現在は適切な薬物療法を受けられていないのではないかと私が疑っている入居者さんたちである。
しかし残念ながら、リストに上がっている医療機関は、通える範囲にはなかった。

コウノメソッドが絶対に正しいのかどうかは、私にはわからない。しかし少なくとも言えることは、お決まりの処方をして、以後状態をお伝えしても一向に処方の変更を考えてくださらない先生よりは、たとえ試行錯誤し続けるにしても、いろいろと試してくださる先生の方が良いと思う。
こうした点では、河野先生は確かに名医であると思うし、信頼できる。

介護業界人も、家族介護者も、ぜひ一度読んでみて欲しい。本はこの本は絶版になっているようだが、他にも本がたくさん出ているし、電子書籍であれば1,000円で読める。

(評価:★★★★☆)

(Kindleで電子書籍を買う)
(iTunes Storeで電子書籍を買う)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中