介護の仕事と人格

どんな職業も、多かれ少なかれ個人の適性を要するものだ。介護の仕事も例外ではない。

しかし現場を見ていて思うのは、介護の仕事が独自に求めている適性よりも、むしろ社会人としての一般常識の有無や、職業人としての問題対処能力の方が、仕事の質に大きく関わってきているように思える。

社会人そして職業人として円熟した人は、そもそも介護業界にはあまり入ってこない。賃金の低さも含め、労働環境が悪いのだから当たり前の話だ。
その結果、介護の職場には、他の仕事では勤まらないような人が多くいたりするのである。くどいようだが、現状では仕方がない。

そして。
介護の業界の中で頭角を現す人は、社会人・職業人としてより円熟した人であるかというと、全くそんなことはない。
これが面白いところで、むしろ人格に何か欠陥を抱えており、その欠陥を上手く仕事に利用するような人が伸びてくるのだ。

福祉の仕事でそれなりの地位を得ているからといって、人格が高潔ということは全くない。
例えば介護の仕事では優しさが必要だが、だからといって責任ある地位にいる人が優しいということではないのである。
もちろん利用者さんたちには優しい態度で接するのだが、それはその人がもともと持っている優しさの表れというよりも、自らの人格におけるマイナスの部分を、仕事にプラスになるように適応させた結果のように見える。

これは当然、私も含めての話。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中