【書評】三好春樹 『まちがいだらけの認知症ケア』

著者は、認知症は病気ではないと言う。
だから、「症」と付けるのは誤解の元であると。アルツハイマー病やピック病など脳の病変による疾患も確かにあるが、それは認知症全体の数%でしかなく、本来の認知症は老化のプロセスに含まれるものであり、医学の及ばない領域であると主張する。

この主張は、過去に不適切な薬物治療の例を数多く見てきたことに由来するようだ。「薬物治療はうまくいかない」→「介護の領域として我々に任せて欲しい」→「認知症は病気ではない」という思考の流れだろう。
「認知症は病気なのだからしょうがない」と決め付け、諦めてしまうのはダメ、という主旨には賛同するが、だからと言って病気でないとは言い過ぎである。100歳以上になっても認知症状のない方もいる以上は、記憶障害等が現れたことをもって病気と捉えるのは間違っていない。でなければ、例えば白内障なども病気とは呼ぶべきでない、ということになってしまうのではないか。
何より、「医師に相談すべきことではないのだから」と介護者が決め付け、頑張り過ぎてしまうかもしれない。介護職員にはそれで良いとしても、家族には酷な場合も少なくないだろう。

とにかく全体を通して極端な物言いが多く、あまりに旧態依然とした拘束中心のケアに慣れた者には新鮮だろうが、現在の認知症ケアのあるべき姿を模索している者には到底物足りないだろう。
この本は介護従事者ではなく、家族に向けて書かれたものである。であればそれだけ、断定的な極論は避けるべきであると思う。具体的には以下のようなものだ。

「『脳トレ』をやると却って呆ける」
→これは実際にやってみての批判なのだろうか? 高齢者は無理矢理やらされているのではなく、楽しんでやっている。脳トレそのものに効果があるかは確かに疑問だが、ケアのツールとして有効なのは確かである(エントリ「学習療法」「課題を遂行する作業は認知症の悪化を防ぐ(という仮説)」参照)。

「遺伝子レベルに原因を求めることは幻想」
→若年性アルツハイマー病は遺伝に多くを依っていることがわかっているし、アルツハイマー型認知症も、高リスクとなる遺伝子が既に発見されている。それが全てと言うのではないが、知っておけば備えておくこともできるのではないか。
また治療法を確立するための助けになることは言うまでもない。

「性格は発症と関係がない」
→ごく初期、症状が現れた時にどう反応するかで以降の経過は変わる。それは性格に依存する。また生活習慣も性格に多くを依っているので、無関係とは言えない。

竹内孝仁先生による認知症の分類も紹介されている。「葛藤型」「回帰型」「遊離型」という分け方の着眼点は素晴らしい。目の前の認知症の方に対して、果たしてどういう援助をしたらいいかと途方に暮れている人には参考になるだろう。
しかし類型論には限界がある。どんなに優れた類型であっても、人間を数タイプに完全に分けることができる筈がない。男と女という最も基本的な区分ですら、今は単純な二元論では語れないのである。どんな人も、この3つのタイプに当てはまる部分を自分の中に多かれ少なかれ持っている。その点はもっと強調されても良いだろう。

また三好さんの認知症論の最大の欠陥は、レビー小体型認知症という視点が抜け落ちていることである。これはエントリ「レビー小体型認知症考」で書いた通り。

と、批判ばかりになってしまったが、それでもやはり見るべきものはある。最も秀逸なのは被害妄想の分析であろう。①心理的負担解消型、②老化拒否型、③被害者利得型という分類も納得できる(ネーミングは悪いと思うが)。

三好さんは「認知症」という言葉を嫌っているが、実際、この方には認知症という言葉を使って欲しくない。例え本のタイトルとしてであっても。
「認知症」ないし「Dementia」という言葉は、その概念がWHOのICDやアメリカ精神医学会のDSMと大きく異なっている場合は、使うべきではないと思うからである。この人は、この人独自の「呆け」として、高齢者の認知機能の低下とそれによる行動を語っていて欲しい。

三好春樹さんが旧態依然としたケアから現場を大きく転換させた巨人であることには疑いがないが、現在の介護業界は、彼の理論を吸収してさらに一歩先を行っている。
この本を読んで、もうこの人の役割は終わったということなのかな、と寂しい気持ちになった。

いずれにしろ、彼の著作は一度は読んでみるべきである。
ただ、この本以外にもっと良いものがありそうではある……

(評価:★★★☆☆)

(Kindleで電子書籍を買う)
(iTunes Storeで電子書籍を買う) 平成25年8月30日現在、iTunes Storeからは削除されてしまったようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中