介護労働環境向上奨励金

厚生労働省は、介護労働者の労働環境の向上を図った事業主に対しての助成金制度を設けている。介護労働環境向上奨励金(4月からは中小企業労働環境向上助成金)である。

これは、介護福祉機器等助成と雇用管理制度等助成からなる。
前者は、介護労働者の身体的負担軽減のため介護機器を導入した場合にその費用の1/2(上限300万円)が支給されるもので、後者は処遇向上、労働条件や職場環境の改善などを総合的に進めることにより、一定の効果が得られた場合にその費用の1/2(上限100万円)が支給されるものだ。
手続きとしては、「雇用管理制度整備等計画」を作成し、都道府県労働局に申請する。

この雇用管理制度等助成を、うちの会社も申請するらしい(らしいというのは、はっきりと聞いたわけではないからだ)。

対象には、例えば増員のための広告費や教育訓練なども含まれる。うちの会社も時々求人広告を出し、CS研修を行っていたりもするのだから、もらえるものはもらっておくべきだ。

ところで、この助成金の支給条件の1つに、「導入・運用計画、または雇用管理制度整備等計画の提出日の6ヵ月前から、事業主都合で労働者を解雇(退職勧奨による離職を含む)していないこと」というものがある。
この人手不足のご時世、介護事業所が解雇したいというのはよほどのことだと言っていいだろう。この条項は人員整理を行っていないことを求めているのだろうから、「解雇していない」ではなく「従業者数が減少していない」などとすべきではないのか。

実はうちの施設が、これのおかげで現在えらい目にあっていたりするのだ。
経歴を詐称し、何十日と欠勤するような者であっても、会社から「辞めろ」といえば解雇になってしまう。

法で労働者を守る必要があるのは当然である。
しかし真に守られるべきは、怠惰な人間の雇用ではなく、普通に働いている労働者の権利(時間外手当や有給休暇など)ではないのだろうか?

広告

介護労働環境向上奨励金」への2件のフィードバック

  1. どこもおなじですねぇ~…。
    うちも怠惰な人間を整理しようとして失敗。未だにもめてます。
    おかげで周りのやる気がダダ下がり…。
    そんな人間の権利のせいで、入所者のサービス低下を招いては元も子もないと思うのですが…。

  2. >ろーどぶりてぃっしゅ様
    再びのコメントありがとうございます。
    確かに周囲の人間のやる気の低下につながりますよね……
    頑張っている職員こそ守ってあげたいのに、ともどかしく思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中