仁木悦子

さて、今日は国内の作家について。
高齢者とミステリというテーマで真っ先に思い出すのは、何と言っても仁木悦子である。

仁木悦子は昭和3年生まれ。4歳のときに背髄カリエスに罹り、以後寝たきりの生活となった。童話を本名の大井三重子名義で発表していたが、昭和32年に第3回の江戸川乱歩賞(新作公募となった第一回目)を『猫は知っていた』で受賞。
以後、ほぼ2年に1冊のペースで良質の長編ミステリを執筆し、昭和61年に惜しまれながらこの世を去った。

長編はオーソドックスなものが多いのだが、短編では子どもや障がい者、そして高齢者など、いわゆる社会的な弱者を語り手に据えることも多く、こうした作品を書かせたら間違いなく世界一であろう。

多くの作品で味のある高齢者が描かれている。そこで思い出した短編を3つ紹介しよう。


1. 「老人連盟」 (「小説現代」昭和43年3月号、角川文庫『みずほ荘殺人事件』、出版芸術社『子供たちの探偵簿〈2〉昼の巻』収録

中学二年のあたしは、いつも公園の猫に餌をやっている「ネコのおばあちゃん」と仲良くなった。やがてネコのおばちゃんの周りには、一人また一人と老人が増えていき、やがて一つのグループができあがる。
ある日あたしと「ネコのおばあちゃん」は、身に覚えのない殺人の罪で追われている少年に出会う。老人たちは無実だという彼の言葉を信じ、彼を匿う。
やがてグループの一員ではあるが、元警官ということでこの一件から外されていた老人がそのことに感付き、昔のつてから事件のことを聞き出した。そこから明らかになった事件の犯人とは?

――これは正直、ミステリとしてはさほどの傑作というほどでもない。しかし老人ならではの苦労話などが丁寧に描き込まれており、仁木悦子ならではの作品といえるだろう。認知症初期の高齢者の描き方など、実に生き生きしている。


2.「三日間の悪夢」 (「別冊小説現代」昭和48年7月号、立風書房『死を呼ぶ灯』、角川文庫『三日間の悪夢』収録)

一人息子の一郎が家出してしまい、耳が遠くなったためとんちんかんな応答しかしない姑のトヨと二人で暮らしているかね子。
ある夜彼女のところへ一郎の幼馴染の貞子がやって来る。その夜起こった殺人事件の現場近くで一郎の姿を見かけたらしい。かね子は貞子から一郎の勤めている蕎麦屋の名前を教えてもらい、翌日一郎の住んでいるアパートへ行ってみると、押入れから血の染みの付いたポロシャツが見つかった。 かね子は一郎を庇おうと懸命になるが……

――描かれている犯罪には無理があり、短編ミステリとしては多少雑な印象を受けないこともないが、とにかく探偵役がユニークの一言に尽きる。老人が探偵役をつとめる作品は無数にあるが、ここまで極端な例は他にあるまい。


3.「赤い猫」 (「小説現代」昭和55年3月号、講談社文庫『赤い猫』収録)

話相手として自分を雇ってくれていた老婦人、大林郁が死んだため、家を片付け立ち去ろうとしていた多佳子に、郁の顧問弁護士河崎が一通の封書を手渡した。そこには、郁の財産の全てを多佳子に相続させるという遺言書が入っていた。多佳子は郁との生活を回顧する。

――日本推理作家協会賞受賞作の名に恥じない傑作である。
探偵役となる老婦人のキャラやその安楽椅子探偵ぶりといい、意外なラストといい、きっちりと編み上げられている。メインとなる過去の殺人の前に挿入される小エピソードもうまい。
惜しむらくは、偶然にすぎる要素があることだが………しかし偶然でなく人間の意思だったとしたら、それはそれで問題も出てくるため仕方ないか。


これらの作品は、出版芸術社から出ているもの以外は絶版で読めない……かな? だが、角川文庫と講談社文庫はAmazonのマーケットプレイスでも安価で多数出品されているし、Book-Offなどで探すのも大して難しくはないので、それほどおすすめしにくいということもない。
今は思い出せないが、他にも高齢者が活躍する作品があったはずだ。介護や福祉の仕事をされている方は、ぜひともご一読を。

ということで今日のエントリも、昨日のコリン・ホルト・ソーヤーに続いて、仁木悦子だけで終わってしまった。他の作家、作品もいつか紹介したいと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中