体位交換とポジショニング

体交、と言って何のことかわからない介護従事者はいないだろう。体位交換の略であり、要は要介護者がベッドに横になっているときに、体の向きを変える、つまり寝返りを打つ介助をすることだ。
一番の目的は、褥瘡すなわち床ずれの予防や改善。体の特定の部位に体圧がかかる状態が長く続くと、その部分の血行が悪くなり、皮膚組織が壊死してしまうので、それを避けようというわけだ。

そして、ポジショニングという言葉がある。これは、クッション等を用いて要介護者の姿勢を整えることを言う。こちらの目的は、筋緊張を緩和させることで要介護者が苦痛を感じないようにすることと、そして拘縮の予防である。

介護施設では、体位交換はどこも普通に行っている。しかしポジショニングはというと、私が最初に努めた老健では、理学療法士や作業療法士がいたにもかかわらずほとんど取り組みがなされていなかった。
そのため私もほとんど知識を得られなかった。本を読んだり勉強していく過程で、臥位姿勢で筋緊張があると拘縮が進んでしまう、という事実を聞き知っていたのみである。もっとも、老健を出てからは、要介護度が低めの方と接することが多かったので、拘縮があまり身近な問題でなくなっていたこともあったが。

しかし、うちの施設でもこのところ入居者さんの重度化が進んでいて、拘縮がみられる方がちらほらと現れている。その対応としては、たまたま利用が始まった訪問マッサージを頼ったり、介護職員が機能訓練の一環として見よう見まねで行う関節可動域訓練ぐらいしか思いつきもしなかったのだが、最近うちの看護師が施設で勉強会を始めよう、まずは体位交換とポジショニングから、ということを言い出した。

願ってもないことだ。
言われてみれば、体幹を捩じらないようにすること、ベッド表面から浮いているところをクッションなどで支えることくらいは、自力で寝返りを打てない方全員にケアマネとして一度は検討してみるべきだったと思う。

この勉強会が、職員の基礎知識の向上につながるといいのだが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中