古いOfficeはWindows8で動くのか

いやー噂には聞いておりましたが、変わりましたな、Windows8。
新しいスタート画面はタブレットには便利かもしれないが、ノートPCや、まして普通のデスクトップPCには全く合わない。マウスやタッチパッドで操作するということを全く考えていない。
この新しいスタート画面は、Microsoftアカウントによって、デスクトップPCやタブレットなど複数のデバイスの設定を、クラウドを介して同期でき、全く同じ画面を使えて便利!ということなんだろうけど(そうでなければこんなことをする意味がわからない)、デスクトップPCやノートPC単体で使うには便利とは言えない。
スタート画面に並んだアプリも、立ち上げると画面いっぱいになってしまうので、作業を並行して行うことがほとんどのデスクトップPCでは使い勝手が非常に悪い。そもそも会社で使うということを想定しているのだろうか。

……と、いうようなことは誰しもが感じることだろう。

それにしても、正方形や長方形のタイルが並んだスタート画面は悪くない。Windowsもようやくセンスのあるデザイナーが現れたのかと思いきや、「スタート」とでかでかと入った文字、それに自分でインストールしたソフトウェアの、タイルの中央に従来のアイコンがポンと置かれた様はどうしようもなくダサい。
センスを比較すれば、Appleなんて遥か雲の彼方だし、Linuxのディストリビュータにも余裕で負けている。

と文句ばかり言っていても仕方ない。これを使わなければならないのだから。

まず、スタート画面のタイルを整理する。使えそうなアプリのタイルを、長方形と正方形をほど良いバランスで再配置。
デスクトップ画面は、スタートメニューがなくなってしまったこと、そしてデスクトップにショートカットアイコンを置くのは好きではないという2つの理由から、Macのドックのようなフリーウェアを使うことにした。XPではY’s Dockという、Appleに警告されて配布が中止されたフリーウェアを使っていたのだが、これはデザインそのものが古くなってしまったのでより新しいものを探し、ObjectDockを使うことにした。
このドックを画面下に配置。タスクバーは常に見えていなくても構わないので画面上に持っていき、自動的に隠れる設定にする。この結果、デスクトップが非常にスッキリした。壁紙とドックしかない。こうなると、チャーム(画面右隅にカーソルを持っていくと現れるメニュー)などは却って便利である。

さて、ここでようやく本来の購入目的へと移る。今回Windows8にしたのは、会社で新しくPCを購入するにあたり、OSをWindows8にした方が良いかどうかを検証するための人柱という意味もあるのだ。特に、Officeがバンドルされていない、例えばショップブランドPCを購入した場合、Officeの古いバージョンが動作するのかが知りたかった。

かくして、Windows8の64ビット版に、OfficeXPをインストール。結果はと言うと、インストールは成功。起動もできた。ただ、まださほどの作業はしていないので問題なく動くかどうかは、もう少し試してからでないと断言できないかも。
まあ、OfficeXPはサポートが終了しているので、このまま使うつもりはない。ほどほどのところでアンインストールし、自宅ではOpenOffice.orgでも使うつもり。

このところこんなネタばっかりで申し訳ない。それに試験勉強も頑張らないと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中