なぜ認知症の早期発見が重要なのか

アルツハイマー型認知症は、早期発見が重要と言われる。

一番の理由は、早期に薬物治療を開始することで、認知症の進行を遅らせることができると言われていることだろう。
認知症治療薬は、現存するものはどれも進行を遅らせる効果しかないとされている。進行を止めたり、ましてや改善することはできない。
つまり、薬の効果が出ているかどうかを、ある一人の方だけを見て判断するのは不可能なのだ。あくまで大勢の患者を対象にして、投与群と非投与群の認知症の進行の度合いを統計的に比較することしかできない。そしてその結果、有意差が認められた場合に、効果があるとされるわけだ。
そのため効果は実感されにくいが、我々としてはその統計的データを信じるしかない。

また、認知症には中核症状と周辺症状があり、中核症状自体の進行を止めることはできないが、周辺症状は周囲の人々の適切な対応により抑えられる可能性がある。早期の段階から周囲の人が認知症についての正しい知識を得、対応に慣れておくことで、不適切な対応による周辺症状を出現させずに済む可能性が高くなるため、早期発見が望ましいというわけだ。
これについては科学的な根拠を示すことは難しい。権威ある者の見解として引用するか、または現場で認知症ケアに携わる者の経験則としか言いようがない。

またさらにもう一つの可能性として、自身が比較的しっかりしているうちに自身の病気について知っておくことで、その後の変化を受け入れることができるかもしれない。
ただ、少なくとも現在は、認知症の告知は死の宣告にも等しい衝撃を与えることになると思われる。それを乗り越えて病気を受容することができるのかどうか、私にはわからない。

と、こうしたことを踏まえた上で。

薬物治療による進行の遅延は、データそのものを疑うわけではないが、売り上げを伸ばしたい製薬会社の思惑も多分に加えられていると思う。それだけに頼っていれば、おそらく期待は裏切られるだろう。
そして、それ以外の効果については、現在のところ医療機関では望むべくもない。もしもそうしたアドバイスももらえる医療期間にかかることができたら、それは競馬で万馬券を当てるくらいの幸運だと思った方が良いだろう。

要介護認定が下りるほどでもないといった軽度の認知症を支援できるサービスが現在は欠如しているのだ。早期発見を強調するばかりでは片手落ちである。

だから「早期発見が重要です」という言葉をみると、どこか白けた気分になってしまうのだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中