大事にされたい?

現在、うちの法人ではCS研修を行っている。

そこで、一人の職員がこう言ったことがある。
「DVDを観て、こういう職場で自分も働いてみたいと思いました。私は普段会社に大事にされていると感じられないので、羨ましいです」

自分が会社に大事にされているか。
私自身は今までそんなことを考えたことがなかった。

思えば私はこの仕事を始めてから、最初の2カ月こそ介護職として周囲の職員と同じ条件で勤めたものの、その後支援相談員、事務主任、転職して管理者、さらに転職して計画作成担当者となっており、周囲の職員に比べれば待遇は恵まれていたと言える。そのことで、経営者にはそれなりに評価されていると感じることができているのかもしれない。

それにしても「大事にされたい」というのは少し甘えているような気もする。自分の方から、会社が自分を大事にせざるを得ないように努力していくべきではないのか。

そもそも、どうなったら「大事にされている」と感じることができるのだろう。
昇給?
感謝や称賛の言葉?

そんなことを考えたものの、それはすぐに頭の中から消え去っていた。しかしつい先日、その職員が言いたかったことが分かった。全体会議で、彼女が話したことによって。

私やうちの管理者は、主に連絡ノートを通して、入居者さんたちへのケアについて安全や自立支援などのために、「今後はこうしてください」という指示をすることがある。しかし、それは職員にとっては今よりも手間がかかることだったりすることが多い。
そのため、私たちの指示は職員に反対されることもある。しかしその反対理由が利用者本位でなければ、私は翻さない。えてしてそうした反対は、自分たちが大変だからというだけの理由でしかないからだ。
その結果、提案を受け入れられる職員と、受け入れられない職員とに分かれる。彼女は受け入れられていないと感じているだろう。当たり前だ。自分たちが楽をすることしか考えていないのが透けて見えるのだから。
また、代替案も示さないただの文句に耳を貸す気はない。少なくとも私は。

実のところ、私はそれほど厳しく言ってはいない。普段から妥協してばかりである。しかし事故が起こったり、好ましくない状況があって、それに対して誰も何も対策を考えなければ、ケアマネという立場上言わなければならないことがある。現場が主導で考えていってくれるようなら、よほどのことでない限り口を出さないつもりなのだが、それがなされない。

その職員は、自分の主張が聞き入れられないことをもって、「自分たちの仕事はきつくなる一方だ=自分たちは大事にされていない」と感じているだけなのだ。

バカバカしい。

その職員が会議の時に例として挙げたのは、エントリ「アームサポート」で書いた入居者さんについてだ。私はケアプランで、「移乗時には前から抱えるのではなく、後方から支え、なるべく足に力を入れてもらうようにする」という援助を入れているのだが、それは無理だと言うのである。力のない女性職員にはお尻を引っ張り上げるのは無理だし、危険だとのこと。機能回復を考えるなら、マッサージや足踏みなどをした方がいいのではないか? とのことだった。

そこで私の頭をよぎったのは、

「職員が男性か女性かなんてことはこの問題には全く関係がない。私が力任せに引っ張り上げていると思っているのか? ベッドを適切な高さにし、足をしっかり踏ん張ってもらい、お尻の位置をずらしてから立ってもらえば、職員にたいした力は必要ない。それをせず、無理に立ってもらおうとするから、ご本人さんも足に力が入れられず立てないのだ。
ヘルパー2級の資格を持ち、介護技術講習会にも行っているのに、お前はいったい何を学んできたのか?
後ろから介助するのは大変、という話は以前にも別の職員を通して聞いた。その時に私は、大変なのはその職員の知識と技術の問題であることを伝えたはずである。なのに、大変なのは自分のやり方が良くないせいではないかと考えなかったのか?」

という言葉だったが、さすがにこれを口にしたら、泣かれるか、後で辞めると騒がれるだけだろうと思ったので止めておき、

「何が何でもそうしなさいというわけではなく、ご本人さんが拒否したり、また自分には無理だと思うのであればその援助はしなくて構わない。その旨を記録に残せばよい。
また機能訓練を生活場面の中で行うようにしているのは、別にマンツーマンで筋力増強などの訓練を行う時間を設定すれば、職員の負担が大きくなると思ってそうしているという面もある。きちんと実施してもらえるなら、全員分のメニューを、基礎体力向上のための訓練にしても一向に構わない」

とだけ伝えた。それに対しての彼女の反論はなく、他の職員に話を振っただけだった。自分から話を切り出しておいて、返答に詰まると他の職員に助けを求める。いつものことだ。

まあ本当なら私は、

「そうやって自分は仕事のできない職員であることを痛感し、できるようになりたいという向上心を持て。
そもそも機能訓練などと偉そうに言っているが、パーキンソン病の方の、屋外での歩行練習を兼ねた散歩をするというメニューさえ全くやらないではないか。単に廊下を端まで歩いてもらって終わり。それでは全く意味がない。歩く姿勢、腕の振り、スピード、そうしたことに気を配ってこその訓練である。こうした注意事項をきちんと書いた訓練計画を作っても全くできないくせに、何がマッサージや足踏みだ」

くらいのことは言いたかったが、さすがにそういうわけにもいかない。

私は、なされた提案が利用者さんのことを思ってのものだったら、大抵のことは受け入れる。しかし自分たちのことしか考えていない文句には耳を貸す気はない。
なぜ他の職員の提案は受け入れられ、自分の言うことは聞いてもらえないのか、その理由をよく考えてみるといい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中