職場でのネットコミュニケーション

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスや、スマートフォンなどのAndroidデバイスを持っている人なら知らない人はいないだろうが、LINEというアプリがある。データ回線を利用した無料通話、メッセンジャーアプリだ。

私はLINEについては個人情報の利用方法等について許容できない(OS部分から連絡先情報を抜き取る)のと、そもそも運営会社を信頼できないので使う気は微塵もないが、実際のところは普及率は半端ではないと思われる。

1対1のコミュニケーションだけならどうということはないが、グループを作成し、メンバーが全員に宛てたメッセージを見られるのは、かつてのメーリングリストのようでなかなか便利らしい。チームワークを必要とする医療・介護の業界においても活用できそうだ。

実際、Twitterで相互フォローさせていただいているある方は、特養のユニットに勤めているのだが、ユニットのメンバー間でLINEを使っているという。
職員同士が事例検討をしたりするだけでなく、互いに感謝し合ったり励まし合ったりといったコミュニケーションの役にも立っているようだ。

なるほどー。
見事なICTの活用だ。

ただ、これを行うには、少なくともメンバー全員がスマートフォンを持っていなければならない。このために、スマートフォンに替えることを職員に強制するわけにはいかないので、条件が整えばということになるだろう。
件の特養のユニットでは、職員の平均年齢が26歳と若く、もともと全員がスマートフォンを所持していたらしい。なんと恵まれた状況……うちの平均年齢なんて計算したこともないけど……

前述したように私はLINEを使う気はないが、といって類似のcommなどはもっと使う気になれない。
いっそFacebookでグループ作った方がマシだと思うが、いちいちブラウザやFacebookアプリを立ち上げてそこから利用するのも面倒だ。

もうちょっといいアプリがないものか。まああったとしても、うちの職場では普及させようもないけどな(^-^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中