身体拘束を望むのは誰か

身体拘束について書くのは、「『身体拘束=悪、身体拘束廃止=善』?」以来一年ぶりかな?

私がかつて勤めていた老健では、ベッドの4点柵、ミトン、つなぎ服といった身体拘束は日常的に行われていた。
私が言いたいのは、「そんな風に拘束をするなんて酷い施設だった」ということではない。24時間常に誰かしらが傍に付いていない限り、防ぎようのない事故というものは存在する。例えば、オムツを外すだけでなく尿取りパッドを引きちぎって口に入れてしまう方など、これはもうつなぎ服の使用は止むを得ないだろう。またミトンについては、前掲のエントリでも書いた通りだ。

そして最大の問題は、ご家族さんが身体拘束を望むということである。

「転んで骨折し、痛い思いをしたり、今後立つことさえもできなくなるくらいなら、多少不自由に感じたとしてもベッドを柵で囲んだり、車椅子ベルトを使用するくらい何だと言うのか。それに骨折などして入院となれば自分たちの生活にも影響が出るので、それは勘弁して欲しい」というわけだ。
この気持ちは理解できる。

しかし施設としては、4点柵をしても乗り越えて転落する危険はあるし、ベルトをすることによって車椅子ごとひっくり返る可能性もある。少々のリスクの軽減と引き換えに、拘束のための面倒な手続きを踏み、しかも行政による指導でうるさいことを言われるのは割に合わない。
それに何より、行動を制限するのは決して気持ちの良いことではないし、拘束によるご本人さんの精神状態への悪影響も心配である。

そしてこの結果、身体拘束廃止に積極的な施設よりも、ご家族さんの求めに応じてさっさと同意書を作り拘束をする施設の方が、ご家族さんたちには歓迎されることとなる。
それだけならまだしも、何よりご本人さんのことを考えて身体拘束は行いたくないと提案しても、「頭が硬い」と思われてしまうのは辛い。

現状では、身体拘束の禁止は厚生労働省と施設との間での決まりごとでしかない。施設はまず、ご家族さんをその中に加えていく努力をしていかなければならないのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中