ブラックジャックによろしく

佐藤秀峰先生のマンガ『ブラックジャックによろしく』が、電子書籍として全巻無料で読めるようになっている。

iOSデバイスをお持ちの方はこの無料アプリをインストールするのがお勧め。
無料で全巻!ブラックジャックによろしく (無料)
 

Androidの方は、このあたりから無料でダウンロードすると読めるのではないか……と思うが、なにしろAndroidのことは何も知らないので……
http://booklive.jp/product/index/title_id/20000263/
http://mangaonweb.com/creatorOCCategoryDetail.do?action=list&no=3&cn=1
http://p.booklog.jp/users/satomanga?s=0

私はマンガについては非常に疎いので、無料で公開されるに至った経緯は全く知らない。しかし、このマンガはドラマ化もされているし、今なお充分に商品価値があると思われる。それを無料で読めるようにしてしまうあたり、佐藤先生は昨今のネットと著作権をめぐる問題に対して、一石を投じようとされているのではないかと思う。

本を解体し、スキャナで読み取ってデジタルデータ化する作業を「自炊」と呼ぶ。これは、読者にしてみれば、本をポータブルデバイス内に持ち歩き、好きな時に読むことができるので非常に便利だ。しかし、出版社や作家にしてみたら、そのデータをあちこち配られたら、本の売り上げに響くということになる。
しかし、本当にそうだろうか。

かつて、音楽の違法ダウンロードが大きな問題となっていたことがある。
それに対し、ならばCDをコピーできないようにしよう、と考えたのがSONYやエイベックス。
手軽に、合法的にダウンロードできる環境を作り、適正な料金で売れば、違法ダウンロードなど駆逐できると考えたのがApple。

そこでAppleはiTunes Storeを始めた。
本当なら、SONYだって同じことができたはずなのだ。自社で音楽レーベルを持っているだけでなく、ウォークマンというブランドもあるのだからなおさらである。それなのにAppleに後れを取っただけでなく、ユーザの自由を奪うことに執着した。

その結果が今のiPod&iPhone+iTunes Storeと、ウォークマン&Xperia+Moraの差である。日本人として悔しい。SONYだって、充分に今のAppleの地位を築くチャンスがあったのに棒に振った。

ユーザを犯罪者扱いさえしなければ。

さて、『ブラックジャックによろしく』は無料だが、これが多数ダウンロードされるとどうなるだろうか。
ユーザは、きちんとした形のデータで販売される電子書籍の便利さを知る。その結果、電子書籍が適正な価格で販売されるようになれば、それを喜んで買うだろう。

コミックスはBook-Offで中古を買えば1冊105円。もしもデジタルデータを違法な方法で入手すれば無料。
しかし、デジタルデータを100円~200円ほどで販売すれば、大多数のユーザはそこから購入するのではないだろうか? 品質の良いデータが手頃な価格で買えるのならば。音楽でもそうだが、所詮違法で出回っているもののほとんどは、品質などたかが知れているのである。

週刊少年ジャンプがやっているような、1冊350円でダウンロード、なんてのではダメだ。全く、何にも分かってないな日本の出版社は。1冊100円にしたら今の5倍以上売れるだろうに。

ということで、ぜひ『ブラックジャックによろしく』をダウンロードをして読んでみて欲しい。
私はまだ1巻しか読んでないが、面白いねこれ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中