介護技術講習でのプレッシャー

今日も介護技術講習の話。

これは介護福祉士国家試験を受けようとしている人向けのものなので、つまり受講生は介護職の経験がようやく3年になったという者が多いだろう。
私も、実際に介護業務に入った日数はそんなものだが、業界での経験は9年になっている。しかも、介護支援専門員資格なども持っていたりする。
もちろん、介護支援専門員資格は介護福祉士よりも上位資格である、とは一概には言えないだろう。確かに介護福祉士は介護支援専門員となるための基礎資格の一つではあるし、より長い経験を要するし、平均給与も高いとは思うが、役割が違うのだ。

だから気にすることはないとは思うものの、周りの受講生にケアマネであることがバレたら(別に隠しているわけではなく、単に訊かれないだけだが)……「なーんだケアマネっていってもそんな程度なのか」と思われるのは悲しいわけだ。

だから演習の実演程度でも真剣。
疲れる。

そして今日は課題の介護過程(ケアプランみたいなもの)にようやく着手。
まあ、これは自分がプラン立てた方を取り上げれば、新たに頭を使うこともなく書けるわけだが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中