事例選定

スーパービジョンについての研修に参加する予定がある。
参加者は事例を一つ用意し、グループワーク用にコピーを持参せよとのこと。

これはつまり、グループワークでは各参加者はその事例をもってスーパーバイザー役に助言をもらう、あるいはグループでピア・スーパービジョンを行うというわけだろう。
となると、自然に相談ができるような、いわゆる困難事例が良さそうだ。

そう思って、さてどの入居者さんにしようか……と迷った。

施設内で、ケアの方向性や方法などについて悩むのはしょっちゅうである。
しかし、そうしたケースでは単なる事例検討になってしまいそうだ。
と言って、ご家族さんらも含めた上で困難を感じているケースは、考えてみたら今はないな……

さてどうしたものか。今日の夜勤中に用意しておかないと間に合わない……

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中