「認知症」を「認知」と略す

ネットで、「『認知症』を『認知』と略すのは良くない」という意見をたびたび目にする。
「認知」は単独で意味を持つ言葉なので、略すことで意味が不正確になること、認知症の方への軽視・蔑視にも繋がりかねないと言うのがその理由である。

私も略すべきではないという意見には賛同するし、実際に「認知」と略したことは一度もない。

しかし、気になるのが、略し方を敢えて「ニンチ」とカタカナで書き、しかもその言葉が発せられるシチュエーションにわざわざ差別的な意味を込めて、略すのは良くないと強く主張する人がよくいることだ。

「認知」と略しているからといって、必ずしもその背景に軽視・蔑視があるわけではない。多くの人は、他人に合わせて使っているだけである。もちろん思慮が足りないと言えばその通りだが、それは指摘すれば済むことだ。
「認知症」ときちんと言っていても差別的な発言をする人はいるし、逆に「認知」と略していても温かみが感じられることもある。

それをことさら「ニンチ」と書くのは、そういう略し方をしている人を見下し、一様に職業人として失格であると言わんばかりで、「認知」と略している当の人よりももっと高慢であると思う。

行動変容を促したい、つまり「認知」という略し方を止めさせるには、その理由を冷静に語るだけで良い。
つまり、「実際に認知症の方を介護されている方で、不快感を感じておられる方がいらっしゃいますから、使うのはやめましょう」と言えば、大抵の人は納得するだろう。

職業人としての姿勢を問うのは、それでも納得せずに使い続ける人に対してだけで充分ではないか。


2011.09.08追記:
エントリ「『認知症』ではない、別の言葉の略としての『認知』」も併せてご覧ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中