パーキンソン病患者のウェアラブルモニタリングシステム

パーキンソン病の症状には日内変動があると言われる。
確かに、これはパーキンソン病の方を介護した経験のある人であれば実感できるだろう。

例えば、以前うちの施設におられた方で、普段はほぼ自立されているが、早朝から午前中にかけて身体の動きが悪く、歩こうとしても足が全く出ないという方がいた。

こうした時、慣れた職員であれば、自分の足を相手のつま先に当て「私の足の上を飛び越す感じで歩き出してみてください」ときっかけを与えたり、「1、2、1、2」とリズムを取ったりすることで歩いていただくことができるものであるが、新人などはなかなかそうした工夫ができずに、車椅子に乗っていただくことしかできなかったりもする。
また前方への移動を促すにしても、後ろから押すのと、前から引くのとでは大違いである。後ろから押すのでは、支える人がいない方向への移動を強いることになるので、恐怖から足がいっそうすくんでしまいやすいが、前から引けば、移動する(=重心をかける)方向に職員がいるので、安心してもらいやすいためではないかと思う。しかしこれはあくまで私の経験則であり、専門職に指導されたわけではないので、もしかすると間違っているかもしれないが。

いずれにしろ、足の運びが非常に悪くなったり、時には一歩も出なくなって、同じ姿勢で固まり動けなくなっているところなどもお見かけすることがある。こうした時には、上述したような工夫で歩いてもらうことはできるものの、症状そのものをその場でどうこうすることはできない。
介護者が傍にいればいいが、いなければ何もできずにただ固まっている、ということになりかねない。そのために入院や入所生活を選択される方も少なくないだろうと思う。

パーキンソン病は脳の神経細胞の変性による神経伝達物質の分泌異常から起こるので、薬によって神経伝達物質の量や働きをコントロールするのが主な治療となる。実際、薬を飲み始めて数年は、病気であることが周囲の人にはわからないくらいに良い状態を保つこともできる。しかしやがてはその状態が崩れ、薬の効き目が切れる時間ができてしまう、いわゆるオン/オフやウェアリング・オフと呼ばれる現象が現れるようになる。
こうなると、日内変動と言っても、それはもともとの症状が強く現れているのか、薬の効き目が現れていない時間ができているのか、その両者の区別は難しい。しかしいずれにせよ、理想は薬物療法によって日内変動をなくすことではあるはずだ。

そのために、ウェアラブルモニタリングシステムという新しい技術がスペインで開発されている(参照)。

これは生体適合性のある(身体に炎症反応や免疫反応を起こしたりしない、つまり悪影響を与えない)素材でできたベルトによって腰に付ける携帯電話ほどの大きさの装置と、振戦を感知するブレスレットからなる。
これらの機器のセンサーが振戦や歩行障害を検出し、オン=オフや症状の日内変動といった情報をモバイルデータ通信でデータサーバに送信するとともに、必要な時には薬品を皮下注射することもできるという。

現在、アイルランド、スペイン、イタリア、イスラエルで、在宅のパーキンソン病患者で技術開発に協力してくれる方を募っているところのようだ。

まるでちょっと前のSF小説のような技術である。
この技術が実用化されれば、薬物によるパーキンソン病の症状コントロールはやりやすくなるだろう。それに、皆が一定レベルのパーキンソン病治療を受けられるようにもなる。
結果、在宅で暮らせる人が増えるのではないか。
それに施設に入所されている方でも、生活の質を上げるための活動がしやすくなるだろう。

この技術の進歩には、大いに期待したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中