セカンド・オピニオンと適切な医療

セカンド・オピニオンという言葉が広まってだいぶ経つ。
ここであらためて説明するまでもないと思うが、診断や治療方針についての、主治医以外の医師の意見のことだ。
大きな病院では、セカンド・オピニオン外来も増えてきた。

そうしたセカンド・オピニオン外来では、治療はともかく検査さえ行わない。医師は主治医からの診療情報提供書を元に、自らの意見を述べるのみである。

例えば自分ががんと診断され、主治医に病状の説明を受け、考えられる治療法とリスクを示された上で自己決定を求められたとする。こうした時には、第三者的な立場にある医師の意見は、決断のための参考となるだろう。
これがセカンド・オピニオンのもともとの役割と言えるかもしれない。

しかし。
例えば主治医の診断や治療方針に不満を持っている時に、別の医師の意見を聞きたいと思っても、それはえてして叶わない。情報提供書などなしで、検査から全てやり直してもらって意見を聞けるのならともかく、情報提供書が発行されれば、医師は他の医師の治療を尊重するものだからだ。

こうした問題は、セカンド・オピニオンに限らず、通常の診療でも共通している。
時には患者側の都合で主治医が変わることがあるし、疾患によっては主治医とは別の専門医に診てもらうこともある。そうした時も、医師は他の医師の治療を尊重、処方を可能な限り継続する。
その結果、高齢者の薬は増えていくばかりでなかなか整理されなかったりする。かと思えば、脳梗塞の既往があるのに薬を全く飲んでいなかったり、糖尿病の診断名がついているのに入院を境に薬が全て止まったままになっていたりすることもある。

もちろん、診療情報提供書一枚で全てが伝わるわけではないのだから、その方の既往に関して今でははっきりしない部分がある以上、前の医師の治療を尊重せざるを得ないのは理解できる。また、一人の患者さんをじっくり診察したくても、医師は皆多忙でそんな時間も取れないのだろう。そうした点を非難するつもりはない。
それに、ご家族さんや職員から正しい情報が伝わりにくい、という問題もあるだろう。それは我々が努力していかなければならない。

もっと、入居者さんたちに適切な医療を受けさせてあげたい。
願いはただそれだけなのだが、それがなかなかうまくいかないことがある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中