笑う門には福来たる

心理学で非常に有名な学説の一つに、ジェームズ=ランゲ説というものがある。
これはひとことで言うと、「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのである」となる。すなわち、外部からの刺激に対して、まず悲しいという感情が起こり、その結果として涙が流れるのではない。涙が出るという生理的反応が先にあって、それにより悲しいと感じる、というのだ。

さすがに現在では、この考えはそのまま支持されてはいない。が、例えばダットンとアロンの吊り橋実験(吊り橋の上での恐怖による興奮を恋愛感情の昂りと錯覚する)は特に広く受け入れられているし、「刺激を認知する過程に意識的に働きかけることで、情動を変えることができる」とする認知療法とも共通点がある。

こんな記事を見つけた。

美容整形の注射でうつ症状が改善する可能性
https://aspara.asahi.com/blog/medicalreport/entry/1SuLQUfgF1

(以下、一部抜粋。)

しわ取りの美容整形などで使われるA型ボツリヌス毒素製剤(商品名「ボトックス」など)を、うつ病患者の眉間のしわに注射することで、うつ症状が改善するという臨床試験の論文が精神医学研究雑誌に5月公表された。

抑うつや悲しみで顔をしかめると、眉間にしわが寄る。A型ボツリヌス毒素で眉間のしわを改善することにより、一種のリラクセーションと類似の効果をもたらしたり、自分の顔を鏡で見た際の印象が改善したりすることなどで、うつ症状が改善した可能性を著者らは指摘している。

身体に現れる反応を変えることで、感情をも変えることができるのだ。

介護の現場での応用としては。
うつ病とまではいかずとも、うつ傾向のある利用者さんは少なくない。職員もそうだ。
そんな中、現場での笑いを増やせば、幸福感が増す。つまり「福が来る」。

笑いの多い施設にしたいね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中