情弱乙

介護業界のネット掲示板を見ていると、↑こう(エントリのタイトル)としか言いようのない光景に出くわすことが多い。

ここで言う「情弱」とは、「最新の情報技術から取り残された人」という憐みを含んだ意味ではなく、「情報技術の使い方を間違っている人」という軽蔑を含んだ意味。

己の主張に反することを口にする者に汚い言葉を浴びせかけ、会話を続けさせようという気を無くさせる発言が多い。そしてそれがまかり通っている。
意見を同じくする者は、その矛先が自分に向けられていないのをいいことにそれを窘めず、逆にすり寄る。その様はいじめっ子におもねる子供だ。
こんな光景が多くの場所で見られる。

そもそも、当たり前の話だが、他人を罵るという行為は法に抵触する。

以下刑法より抜粋。

(名誉毀損)
第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

(侮辱)
第二百三十一条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

名誉棄損や侮辱となるには、それがいったい誰に対してなのか判断できなければならない。なので、いわゆる捨てハンドルネームで書き込んだ者を罵っても罪は成立しないが、固定ハンドルネームで、その他の情報を併せて考慮すると個人の特定が可能である場合には、罪が成立する可能性がある(参考)。
もちろん、これは実際に罪に問うことができるか否かという問題なのであって、この条件に当てはまらないから他人を罵ってもいいということにはならない。

介護・福祉の仕事をしていながら、こんな基本的な法律も守れない者が少なからずいるのが現状だ。ましてや非道徳的でもある。
そういう者が介護保険法や利用者の尊厳などについて語っている様は、まさに「滑稽を通り越して哀れみさえ感じる」。

で、そう言う私はこのブログで名誉棄損や侮辱をしていないかというと……
個人に対してはもちろん一度もない。そして団体に対しては批評の範囲内に収めているつもりだが、こちらは危ないところがないとはいえない、かも。
今から削除や訂正をするのはフェアではないのでやらないが、以後は気をつけよう(^-^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中