騙したりはぐらかしたりすることについて、改めて

このところ、「認知症」「騙す」「嘘」「パーソンセンタードケア」等の語句の組み合わせで検索をかけ、このブログを訪問される方が増えている。認知症ケアの研修があちこちで行われているのだろう。

私は、認知症介護実践者研修を受講した直後くらいに、「やさしい嘘」というエントリを書いたわけだが……今そのエントリを読み返してみると、ここを訪問される方の参考にはならないだろうと思え、改めてこの問題について書きたくなった。

というのも、まるで私は騙すことを奨励しているようだなと……
しかも「やさしい嘘」なんてタイトルは、相手のことを思いさえすればOKみたいだなと……

そんなことはない。
「相手のことを思って」というのは、自分のこと、しかも目先のことしか考えていない時に、それを正当化するための言い訳になりやすい。
騙すなんてことはしないに越したことはない。認知症状をも含めた、その方の全体を主観的かつ客観的に捉えての「認知症の人」へのケアというのは確かに存在し得ると思うが、それ以前に認知症の「人」へのケアができなければ話にならない。

認知症ケアに関する指導として、「騙したりはぐらかしたりするのはダメです」と教えることは間違ってはいないだろう。実際にはどうあれ、あるべき姿勢を学んでもらうためにはこのくらい極端な言葉の方が良いのかもしれない。

だが、その教えでは例外が簡単にできてしまう。
例えば、うちの施設では、施設から出て行ってしまわないよう、居室への出入りを職員が把握するために居室入口にセンサーマットを敷かせてもらっている方がいる。マットを設置させてもらった際にその方にした説明は、「滑り止めマット」である。
「踏むと鳴るんですよ」という説明は、「監視されている」という思いを抱かせてしまうと判断したからだ。つまり、騙した。
このことに対して、より良い対応は存在しただろうか?

これを踏まえたうえで、「騙したりはぐらかしたりしてはならない」という言葉についての私の解釈を、例外の存在しない言葉で述べるなら。

「期待させておいてそれを裏切ることは、絶対にしてはならない」

ということになる。
たぶん、この言い方のほうが、「騙したりはぐらかしたりしてはならない」と言うよりも、余計な混乱を避けることができるのではないか。
(それで混乱するのはお前くらいだ、と言われると返す言葉がないのだが……(^-^; )

期待を裏切るとはどういうことか。
例えば、ほとんどの場合「帰りたい」と言う方に対して、「おうちの方に迎えに来てくださいと電話しておきますね」と言うことや、食事を終えたばかりの方が「ご飯ちょうだい」と言われた時に「わかりました、用意しますから待っていてくださいね」と言うことなどは好ましくない。ご家族さんが迎えに来られることはないし、食事も再び用意されることはないのだから、期待させておいて裏切ることになる。
これでは問題は解決されないばかりか、却って大きくなってしまうことさえある。

エントリ「『先生』」でも私の失敗例について触れているので、ぜひ読んで、私と同じ失敗をしないようにしていただければと思う。
これはたかだか1年半ほど前の話だ。私もまだまだ未熟だ。

この、「騙したりはぐらかしたりしないケア」ができるようになって、その先に、それぞれの方の個性に合わせた「認知症の人」へのケアがあると思う。私のこの考えは変わらない。
例えば、「帰りたい」と言われる理由が、「自分はここに閉じ込められているようで、それが気になる。本当はそれほど帰りたいわけではない」という方がいたとする。その方に対しては、「おうちの方に迎えに来てくださいとお願いしますよ」と答えることで、自分が閉じ込められているわけではないと感じてもらえるだけでなく、いざとなったら帰る手配をしてくれるのだから、安心してここにいて良いのだと思っていただけるかもしれない。

何しろ私自身それほど優れたケアができるわけではないので、我ながらあまりいい例えには思えないが、ニュアンスはお分かりいただけるだろうか?


2012.06.19追記:
エントリ「否定と騙し、はぐらかし」も併せてご覧ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中