自らが望む場所で

食欲が低下し検査のため入院された方に、癌が見つかった。
肺、肝臓、膵臓に転移しており、余命はもって数ヶ月とのこと。

ここまで進行する間、我々も主治医の先生も何もしていなかったわけではない。先生は「解せない」と言われていたし、まさにそんな衝撃だった。

ご家族さんは、「施設にこれ以上ご迷惑もかけられませんから、このまま病院で……」と言われた。我々としては、迷惑などということは全くない、病院が退院を認めてくれ、24時間対応してくださる先生さえ見つかれば、戻ってきてもらって一向に差し支えない、むしろ歓迎することを伝えた。その結果、ご家族さんも退院に前向きになった。

もちろん、何がなんでも病院よりも自宅や住み慣れた施設の方がいいというわけではない。それを選ぶのはあくまでご本人さんである。
いくら日中は施設に看護師がいて、夜間も呼べば来てくれ、また専門的な知識と経験を持つ訪問看護サービスを入れても、痛みや嘔気などへの対応が即時というわけにはいかないことがある。そうしたことへの安心感では、病院には遥かに及ばない。

その方は入院当日からうちの施設に帰りたがられていた。認知症もあり、告知は受けていない。痛みの訴えはないようだし、帰れるものならそうして欲しい。

しかし今日病院のソーシャルワーカーから電話があり、病院の先生もご本人さんが帰りたいと言っているので何とか退院をと考えてくださっているようだが、現在の病状からは難しいかもしれないとのこと。

わずかな日数でもいいから帰れないものだろうか。

しかし、施設の中では「何でそういう人に戻ってきてもらうのか」と言う職員もいる。

まあ、そうした職員ほど、ターミナルの方に限らず、他の入居者さんたちへの支援もできていないものである。
逆に、ターミナルの方には特に頻繁にご様子を見に行って声をかけ、歌がお好きな方にはお部屋でCDをかけて一緒に歌ったりできる者は、普段からユニークな発想ができる。

たぶん嫌がる者も、面倒とか思っているのではなく、不安なのだろう。そう思いたい。
例えば痰が絡んでいるとき、点滴が止まっているとき、バイタルサインに著変があったとき、どうしたらいいのか。
その不安は誰しも変わらない。新人職員も、私も、看護師であっても。

そんな自分を支えるのは知識であり、思いである。その両方を育てていかなければ、施設ぐるみでのターミナルケアへの取り組みはできないだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中