地域の方への説明会

うちの法人で新規に特定施設を開設する予定があり、地域の方への説明会を開いた。

私がこういったものに顔を出すのは初めてである。これまでは介護事業部門の責任者と、本社の者のみだった。
内容は、法人の紹介、特定施設の説明、法人内の既存事業所も含めた事業所の特色、建物や設備、そして地域とどのように関わっていくか。
時間は30分程度を予定していたが、最期の質疑応答まで含めて1時間ほどになった。集まってくださったのは、私は緊張のために数えるのをすっかり忘れていたが、20名ちょっとといったところだったか。

私が担当したのは、特定施設の説明と事業所の特色の一部分。当日に突然言われたので、原稿を用意したりする時間はなく……ほぼぶっつけ本番。

どうも性格上、自分たちのしていることを自信を持って語るのは苦手だ。といって謙遜していても仕方がないので、精一杯アピール。
しかし、それが地域の方々の知りたいことだったのかどうかは……分からない。たぶん違うと思う。

一番知りたいのは、介護施設が地域にできることでの変化、メリットとデメリットなのだろう。
こういう仕事をしている立場からは、メリットこそあれ、デメリットになるようなことは何もないと知っているが、一般の方はいろいろと不安に思うことがあるようだ。閑静なところだったのに、車の出入りが増えてしまうのでは、とか。

施設ができることは沢山ある。難しいのは、何ができるかではなく、どうしたら地域から相談したり頼ったりされるようになるのかということ。
それさえ叶えば。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中