在宅医療の診療報酬改定

介護報酬と共に4月に改定された診療報酬では、在宅医療が高く評価された。

これは国の提唱する地域包括ケアシステムにおいて、介護報酬で定期巡回・随時対応型、複合型が創設されたことと軌を一にする。地域包括ケアシステムでは、医療・介護・予防・生活支援・高齢者の住まいの充実が必要とされるのだ。

どう評価されたのかというと、具体的には。
複数の医師がおり、緊急往診と看取りの実績がある医療機関(または複数の医療機関が連携)が行う在宅医療については、例えば往診料の緊急加算650点が850点に、夜間加算1,300点が1,700点に、深夜加算2,300点が2,700点になる。
また医学管理料も、在医総管(在宅時医学総合管理料)4,200点が5,000点に、特医総管(特定施設入居時等医学総合管理料)3,000点が3,600点になる(共に処方箋を交付する場合)。

で、その結果だが。
うちの施設の入居者さんで、在宅医療を行っている病院から訪問診療を受けている方の医療費が上がるわけだ。薬代を含まない診療費だけで、月4,000~7,000円くらいになる。
ただでさえ他院よりも高かったというのに……

訪問診療をしてくださる他の先生方ではなく、その病院に診ていただいていることのメリットは、何かあった時にいつでも対応してくれるという点に尽きる。その点ではおそらく近隣の医療機関の中でもベストなので、病状が安定している時にそれだけの出費をしているのは、いざという時のための安心料だと考えることもできよう。
しかし病状が安定している時だと、月に2~4回の訪問診療で、「お変わりはないですか?」と聞いて回るだけでその報酬というのは……

まあ、この診療報酬改定により在宅診療が成長すれば、それは良いことなのだろうけれど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中