「先生」

私は時々、高齢者の方に「先生」と呼ばれることがある。
以前の職場でもそうだったし、今の職場でもそう。現場に入ってトイレ介助や掃除などをさせてもらうと、「偉い先生にそんなことまでしてもらって申し訳ないね」などとよく言われる。

これは自慢しているわけではない。逆だ。
尊大なイメージを与えてしまうのはいいことでも何でもない。気軽に頼みごとのできる、親しみのある存在ではないということだから。
他の男性スタッフなら大丈夫なのに、私だと「女の人を呼んでちょうだい」と言われてしまうこともある。

ただ、悪いことばかりではなかったりもする。他の職員だと拒否が強くさせてもらえないような方でも、私なら比較的簡単にできる、ということもある。
しかし嫌われることも少なくない。とりわけ、かつては尊敬される立場にあった方、例えば学校の先生をされていたような方にとっては、私の立ち居振る舞いは彼らのプライドを刺激してしまうらしい。

さて。
今度は、職員から「先生」と呼ばれていた入居者さんの話。
その方はかつて校長先生をされていた。プライドが高く、それ故に自らの失禁などを認めないところがあった。オムツ交換をさせてもらうには、うまく下手に出てさりげなく行えばどうということはなく、私も最初のうちは難なく行えていたのだが、ある日交換を焦って大失敗したことで、「嫌な奴」として記憶に刻まれてしまったようだった。

今ならばそんな失敗はしないつもりだが、当時のうちの施設は、「これは早番の仕事で、これは遅番の仕事」という明文化された、あるいは暗黙のルールが横行していて、それをきちんとこなしていかないと、周囲から「決められたこともできない奴」という目で見られた。私は、悪しき慣習を変えていく前に一旦は今のこの施設のやり方を身に付けなければ、と思っていたので、表立って反論はしなかったが、それは自分自身にとって大きなストレスだった。そのために早くやらないとと焦ってしまった。
今では、そんなくだらないルールに縛られるのではなく、その時々で手が空いたり気が付いた者が自然に互いを補い合えるようにと実践し伝えてきたつもりなので、うちの施設も少しはましになっていると思うが……どうかな。まあこれは言い訳だし、余談でもある。

その方が、入院を境に「家に帰る」と言われるようになった。
その理由として事実と反することを一貫性もなく興奮して主張され、他人の説明や説得には耳を傾けようとしなかった。

周囲の概ねの反応は「認知症が進行した」というものだった。
しかし私個人はそうは考えていなかった。記銘力はさほど落ちていなかったし、支離滅裂なことを言うのは、家に帰りたいという思いが強過ぎて、それに何とか自分でつじつまを合わせようと努力しているだけで、もともと低下していた認知機能と相まって、傍目にはおかしなことを言うようになったように見えるだけだと。
それまでは施設生活を受け入れていた方が帰りたいと言うと、「認知症が進んだ」と言われる。それってどうなんだろうと思っていた。

興奮された時に、根気よく、自尊心に配慮しながらその方のお話を聴くことのできた職員もいた。それは素晴らしいと思う。
私はそうした対応は得意ではないし、もともとその方には好かれていない。そしてさらに失敗した。

ある時、その方が1階に下りてきて、「母親が倒れたから帰らなくちゃいけない」と訴えられた。
母親はむろん、とうの昔に亡くなっている。奥さんのこと? と思い、お名前を聞くと、やはり母親のことのようだった。
先生はおいくつ? お母さんはまだ生きてらっしゃるの? などと尋ねると、自分が高齢であることは認めつつも、母親は生きていると一向に譲らなかった。
訴えが強く無理にでも出ていこうとされたため、やむなく電話をかけたふりをし、タクシーが迎えに来るのを待ちましょうとお伝えした。そうして麦茶を飲んだり施設のアルバムを見たり、施設周辺を散歩したりもして気持ちが逸れるのを期待した。決してこれがベストな対応だとは思わなかったが、他にどうしていいか分からなかった。
だが訴えは変わらなかった。やむなく2Fへお連れしたが、それ以後、私は「事務室にいる怪しい男」と思われるようになった。認知症の方を騙したりはぐらかしたりするのは良くないことの一例である。「認知症だから忘れてくれるかも」などと考えると、必ず後で痛い目を見る。

こうしたプライドが高い方にも心を開いてもらえるような接し方ができるようになりたい、そう思っていた。それが叶わぬまま、その方はお亡くなりになった。

一年半近く前の話。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中