「ケアマネジャー」と書く理由

エントリ「『ケアマネジャー』と『ケアマネージャー』」で、文字で書く時は「ケアマネジャー」と書くが、声に出す時には「ケアマネージャー」と発音するよう定められているらしいことを書いた。
あれ、今改めてWikipedia見てみたら、該当部分が削除されちゃってるね……

結局そんな風に表記と読み方を分ける意味もわからず、その情報の真偽も確かめられずにいたのだが、ある日ふと思った。

AppleのiPhoneは、日本語では「アイフォン」ではない。Appleのサイトでの表記は「iPhone」という英語表記のままであるが、その発音はテレビCM等で耳にされることも多いように、「アイフォーン」である。
だが実際に会話で口にするときには、ほぼ皆「アイフォン」と言っているだろう。「アイフォーン」と延ばしている人になど会ったことがない。
なぜCM等では「アイフォーン」なのか。

その理由は簡単。
「アイフォン」という表記が、アイホン株式会社によって商標登録されているからである。

そうだ、もしかして「ケアマネージャー」もそうなのでは?

そう思って商標を検索してみたところ、大外れ。どこにも登録されていない。
あれー?

こうなるとさらに気になる。本当に何で「ケアマネジャー」なんだよ。

もしかして「ケアマネージャー」だと、言葉の中に「マネー」が入っているのでイメージがよろしくないから、なんてことは……

ないよね。ないですよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中