お心遣いは結構です

Twitterでご指摘を受けたのですが、このブログでコメントを付けようとした際にメールアドレスやURLの入力を求められたとのこと。そんなはずは……と思ってブログの設定を確認したら、確かにそういう設定になっていました。
過去にコメントくださった方はメールアドレスやURLを入力されずに投稿されていますので、いつの間にか私の意図しないところで設定が変わっていたようです。

コメントしようとして「メールアドレス入れなきゃいけないんなら止めよう……」と思った方がもしも他におられたら、申し訳ありません。設定を直しておきましたので、もう入力を求められることはないはずです。

ついでに書いておきますが、一時的にトラックバックは承認しないと公開しないようにしました。名古屋の看護師求人とかいうところからのスパムが立て続けにあったもので。まったくこんなブログに貼り付けてどうなるっつーんだか。
ただ、私は本来であれば承認などせずにすぐに公開するようにしたいので、近いうちに戻しておくつもりです。

で本題。

利用者さんが、自作の飾り物などの作品やお菓子、時には現金を職員にあげようとすることはよくある。

本来なら、そうしたものはすべてお断りするのが筋だろう。
ご自宅に訪問する居宅のヘルパーやケアマネは、お茶の一杯さえお断りするようにと定めているところもあると聞く。そこまでいくとやり過ぎなのではと思ってしまうが、ではどこまでがOKでどこからがNGなのか、その線を引くのは難しい以上、一切お断りとするのが正しいことなのだろう。

しかしまたこれも、「正しいこと」が「良いこと」とは限らない。

折り紙や編み物の作品は、施設内に飾るにしても量が増えてくると場所がなくなるし、ご家族さんに持って行っていただくわけにもいかない。他の入居者さんにお配りするのにも限度がある。そうなると、定期的に職員がいただいて持ち帰ることが、入居者さんのさらなる創作活動へのモティベーションへとつながっていく。
作品は、タダでもらうのが申し訳ない、1個50円くらいは出しますよと言いたくなるほど見事で役にも立つアクリルたわしから、ちょっとお部屋に飾っておくのはなあ……と思ってしまう折り紙作品までさまざまだ。最近では達磨の絵を描いてくださる方がいて、お守り札のように各居室や施設内のあちこちに貼られていたりもする。もらって持ち帰っている職員もいるようだ。

お菓子については、うちの施設では入居者さんのお気持ちということで素直に受け取っている。ご家族さんが買って来られたりするお菓子は、なかなかご自分では食べきれないこともあり、そうなると捨てるよりは職員が食べた方がまだしも。もちろん職員に配るために用意されたりすると本末転倒だが、さすがにそこまでの方は今のところいない。
もちろん、もらうと言ってもその量はせいぜいその場で食べきれるだけの分にしておくべきだ。その場で食べきれないほどの分であれば、「じゃあありがたくいただいて、おやつの時間にみなさんにお出ししますね」と、個人としてではなく施設としていただくことにしている。

そういえば、最近は利用者さんやご家族さんからの利用料以外の金品は、一切お断りしている施設もあるようだ。つまり「いつもありがとうございます」と菓子折などを渡されても、辞退する。病院などではだいぶ以前からそれがスタンダードなので、介護施設もそうするのが本来は正しいだろう。それに我々が「いつもありがとうございます」と一方的に感謝される立場ではないのももちろんだ。
うちの施設ではありがたく頂戴して入居者さんのおやつにお出ししたり、それだけの数がなければ職員に配ることもある。一回は「あんまりお気遣いいただくと却ってこちらが恐縮してしまいますから」などとご遠慮するようにしているが、強くは断らない。
結局はそれが我が国の慣習、文化の一部なのだからと思うようにしている。

現金をもらうのはもちろんタブーである。1円たりとももらってはならないし、また現金でなくとも切手などの金券や商品券などの有価証券も同様。
だが、職員にお金を渡そうとする方は結構いらっしゃるものである。「いつもありがとう」と言って千円札を握らされたり……
そうした時は、どうしても断れないのであれば、無理せず受け取っておけばいいと思う。もちろんそのまま自分の懐に入れたりせず(^-^; 事務室に持ってきてもらえば、お預かりして後でご本人さんにお返ししたり、ご家族さんにお渡しする。利用者さんに「お金はもらっちゃいけない決まりだから」「もらうと怒られちゃうから」などとお話しても正しく理解してもらえるものではないし、気持ちを受け容れてもらえなかったと悲しい思いをさせてしまうよりは、その方が良い。
そもそも、利用者さんがお金をあげたいと思うということは、その職員がそれだけいい仕事をしているということでもある……とは限らないか(^-^;

そういえば私が利用者さんから渡された最高金額は、最初に勤めた老健での5万円(たぶん)だ。退所時に「お世話になりました。これはお礼のお手紙です」と言って手渡され、玄関でお見送りした後に、封を開けたら中身はお札……
慌てて走って後を追いかけたが、あのままもらっとけばよかったかなー(^-^;; <もちろん冗談です

広告

お心遣いは結構です」への2件のフィードバック

  1. Twitterでフォローさせていただいてる、ajiiiiiです。やった!コメント解禁ですね!w
    5万円は…もらっとけばよかった…と思ってしまいますねw
    これも本来なら断るべきなのだろうけど、以前勤めていた特養を退職する際の事。2年間しか勤めていないのに、ご家族から頂いた「今まで本当にお世話になりました」という内容のお手紙と、迷惑にならない程度にすごく考えてくれたんだろうなというプレゼントはとっても嬉しかったです。
    今日も今勤めているGHの、お風呂介助すると「ありがとう」といつも感謝してくださる入居者様に、「本当にありがとう、私の靴下かハンカチ、名前書いてあるけどあげる」って仰っていただいて、とても嬉しく思ったところでした。お気持ちがとても嬉しい、という事をお伝えし、丁重にお断りしましたが^^;
    時には困ったものもありますが、入居者様にしてもご家族にしても、その“気持ち”が嬉しいですよね。

  2. >あいじ様
    さっそくのコメントありがとうございます。
    コメント読んで思い出しましたが、私「パンツあげる」って言われたことあります。
    デイにいた時、女性の利用者さんに「あんた奥さんいる? パンツいらない? うちにいっぱいあるんだよ。もちろんはいてないから安心して」と。
    謹んでお断りいたしました。
    その方は女性スタッフにも「パンツあげる」と言いまくっておられたようです。
    確かにお気持ちが嬉しいですね。パンツでも(^-^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中