デイの営業

Twitterでデイの管理者の方から、営業について悩んでいるが、営業に回ったことはあるかと尋ねられた。

私も、デイの管理者をしていた時、開所当時に居宅介護支援事業所を回ったことがある。
営業なんて初めての経験だったので緊張したが、楽しかったな、とも思う。

うちのデイは、あん摩マッサージ指圧師によるマッサージがあったり、レクを複数メニューの中から選択してもらっていたり、外出レクに力を入れていたりしたので、アピールするポイントに困ることはなかった(本当はもっと特徴的なこともあったのだが、それを書くと事業所が特定される可能性もありそうなので秘す)。
営業に回るのであれば、まずアピールする内容を考えておく必要があるだろう。

「うちのデイの特色は何なのか」ということを職員全員で考え、「売り」にできることを作っていければベストだが、なかなかそうもいかないこともあるだろう。
相談員や管理者単独の努力で売りを作ろうと思えば、例えば「利用時のご様子などについて、私たちのデイではご家族さんやケアマネさんにこのように報告させていただいています」というようなことでも、ケアマネさんにはありがたいと感じてもらえたりする。

いずれにせよ、営業で言ったことは実行しないと、後に逆効果になるのは当然。
また、いくら営業を頑張っても、結局は利用者さんやご家族さん、ケアマネさんの口コミに勝るものはない。一番の売りになるのは「職員」そのものだ。
何も特別なことなどしなくても、当たり前のことをこなしてさえいれば、それだけで「ちょっと他所とは違うデイ」になる。当たり前のことができない事業所は多いのだ。
あとは、職員が多くの利用者さんを惹きつけられるかどうか。体操や機能訓練で元気になって欲しい、レクで楽しんで欲しいと思い、それを実行する熱意があれば、利用者さんは自然と増えていく。

そういうものだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中