いいから放っておいて

介護施設で発生する事故で最も多いのは、転倒や転落である。

これらのリスクが高い方は、大きく2つに分けられる。
①認知症のために自身の身体機能の低下を認められず、独力で移乗したり歩いたりすることの危険性が理解できない
②上記の危険性は理解できているのだが、それでも他人に手伝われたり側にいられるのが嫌

施設としては、転倒の危険が高いと思われる方には、「ベッドから離れる際にはナースコールで職員を呼んでくださいね」とお願いし、それを聞き入れて下さらない場合(実際にはそれを守ってくださる方はほとんどいない)、時にはベッドサイドに足を載せると通電してナースコールを鳴らすセンサーマットを敷いて、その方が立とうとベッドから足を下ろした時にはその場へ行って、介助や見守りをさせていただくこともある。
一般に、施設に入所する理由としては、身体機能の障害よりもむしろ認知症の方が大きい。身体機能が同程度の方であっても、認知症のない方は自宅での生活を継続しやすく、認知症があればしにくくなる。
その結果、介護施設に入所されている方の大半には、程度の差はあれ認知症が認められる。はっきり言ってしまえば、きちんと危険を認識して抵抗なく介護者の手を借りることができれば、施設に入らずとも充分に自宅で生活していけるのだ。多くの方は、それができないという理由から施設入所となる。
要介護高齢者は、自らそうした境遇へ自分を追い込んでいるのだ。悲しいことに。

そうした事情もあり、では転倒の危険が高いと思われる方にはセンサーマットを使えばそれで問題解決かというと、そうなることはむしろ少ない。多くの方は、自分が何かしようとするとすぐに職員が飛んで来ることに対して、ストレスを感じてしまう。
認知症だからすぐに忘れてしまうので何も問題ない、などというわけにはいかない。

それらの方に、「一人で動くと転んでしまって痛い思いをしたり、時には骨折して二度と立てなくなってしまったりすることもよくありますが、それでも手助けはして欲しくないですか?」と尋ねれば、その質問に答えられる程度の認知機能を保持されている方なら、大抵は「それでもいいから好きなようにさせて欲しい」などと答えられるだろう。しかし施設としては、「ではそうします。ですがその結果転んでも、私たちは知りませんよ」などとは言えないし、その理屈が社会的に通るわけでもない。

介護保険サービスの利用は、ご本人さんと事業者の間での契約が原則である。しかし多くのケースではご本人さんには契約を理解することは難しいので、代理人としてのご家族さんが契約を代行し、結果、ご本人さんの意向と同程度もしくはそれ以上に、ご家族さんの意向が重きをおかれることとなる。
家族間では、「自分が正しい判断ができなくなった時には家族に任せる」という暗黙の了解が成立しているとみなすわけだ。

ご家族さんとしては、ご本人さんのことを思って、あるいは入院となることを恐れて、「本人が多少嫌がるようであっても見守ってください」と言われることが多いし、たとえ「転んでも仕方がないので、本人の好きなようにさせてください」と言われても、施設としては事故があった際に責任を追求されてしまうことがある以上、言われた通りにしていれば良いというわけにもいかない。

とまあこうした理由から、今日も日本中の施設で、多くの高齢者が望まない見守りや介助を受けているのである。
介護の仕事をされている方には「何を今更」という話だろうが。

うちの施設は、転倒の危険が高い方にはとにかく安全の確保の徹底を、とはしていない。それよりもご本人さんが少しでも穏やかな気持ちで過ごせるようにということを重視する。
これは良く言えば入居者さんの自尊心への配慮が大きいということであり、悪く言えばリスク管理が甘いということである。万が一何かあった時には厳しく責任を追求される可能性がある。

これは転倒のリスクに限らない。誤嚥や窒息、医療行為等に関しても同じようなスタンスを取らざるを得ない。

我々はそうした危うい立場で働いている。
それが人の身体や生命を預かる仕事というものだ。そのことを意識した上で自らの態度を決めていくことが、介護職員には必要である。それができないうちはいつまでも半人前だし、本当に良い介護はできない。

昨日から今日にかけての、たまに入っている夜勤の間に、同僚の言動を目にしながらそんなことを考えた。

眠い。さすがに。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中