介護とひとことで言っても

一口で介護の仕事と言っても、その内容は、勤める職場によってだいぶ違う。

デイはとにかく要領が良くなければ勤まらない。限られた時間の中で効率良く、かつ慌しい印象を利用者さんに与えないようにしながらの入浴。食後にごった返す洗面台とトイレの捌き方。グループを作ってのレクと、その中に入らない方の個別対応。安全な外出。人前で話すことも鍛えられる。

特養は何と言っても身体介護。老健も似てはいるが常勤医師がいるし、看護師も多いので医学的知識とそれに基づいたケアを学ぶのにはより良い環境だと言える。

有料老人ホームは、やはりまだまだ介護度の低い方が多い。生活を管理するのではなく、それぞれの方の個別のニーズに如何に応えていくか。求められているハードルは高いのだが、そのことはまだスタッフにあまり意識されていないように見える。

特養や訪問介護で身体介護の基礎を身に付け、デイでさらに手際良さとレクのやり方を学んだ職員が、最も現場の中でオールラウンダーとして動けるように思う。
もちろん、誰しもがそうした能力を身に付けなければならないわけではなく、自分に合った分野を伸ばしていくことだって大事なことだが。

と、そんなことをふと思った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中