尿吸引ロボット

尿の自動吸引器というものがある。
これまでも購入であれば介護保険適用だったのだが、4月からはレンタルも可能になるらしい。

最近発売されたものがこれ。

ユニ・チャーム 尿吸引ロボット・ヒューマニー
http://www.humany.jp/productinfo/index.html

一般の方であれば試用もできる

構造は至ってシンプル。尿取りパッドにチューブを付けてその先を吸引器に繋ぎ、センサーで排尿を感知したら吸引器を作動させるだけ。

確かに、これがあればパッド内を常にきれいな状態に保てる。
しかし素朴な疑問だが、便が出たらどうなるのだろう? すぐに詰まってしまってメンテナンスも大変、となりそうな気がするんだけど大丈夫なんだろうか?

定価は100,000円程度。購入するのであれば、施設なら7掛けくらいにはなるだろうし、個人の方がレンタルするなら標準型車椅子と同じくらいの費用で済むんじゃないかな?

こうした機器は、介護者の手間を減らすためだけの目的で使われるべきではない。もちろん在宅では介護者の負担軽減も、在宅生活継続を視野に入れた場合には重要であるが。
またご本人さん自身もトイレに行かなくて済むので楽、と思う場合もあるだろうが、それが廃用につながっては好ましくない。

とかく、介護において便利にするのはさほど難しくない。
問題はそれがご本人さんにとって良いことなのかどうかだ。

広告

尿吸引ロボット」への1件のフィードバック

  1. 興味はありますが、おっしゃるとおり、なんか廃用まっしぐらのようなきもしないでもないです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中